ペン字とは?ペン字のお手本・ペン字のコツ・字をきれいに書くコツ

ペン字とはペン習字を省略した呼び名です。鉛筆、ボールペン、インクペンなどの毛筆以外の「ペン」を利用して、綺麗な字を身に着けようとする、習い事の一つです。綺麗な書体を身に付けると、公私問わず、様々な面でメリットがあります。

私たちは、小学校の時に漢字やひらがなの書き方を覚えます。とめ、はらいなどのポイントや全体のバランス、更に書き順などの教育を受けます。テキストや漢字練習帳なので、綺麗な漢字を身に着けようと学習した経験がおありのはずです。

しかし、年齢と共に、漢字を書く際には、その教えを忘れてしまい、漢字や仮名の正しい書き方をせずに、手順を省き、文字を崩して書いてしまうことが多くなってしまうのです。そのため、字が汚いという状態になってしまいます。それを改善させるために、ペン習字を習い、字を矯正しようとする人は多いのです。
ペン字上達「伝統山下流」

ペン字、習字とは

日本の教育において、字の学習は非常に重要な科目として扱われてきました。習字は書写ともよばれ、筆による毛筆習字とそれ以外の硬筆習字に分かれます。習い事の定番とされているのは、毛筆による書写です。習字教室などでは、主に毛筆を利用して指導を受けます。子共に毛筆習字を習わせようとする方も多いはずです。

しかし、現代において筆を利用して文字を書く場合はごく稀です。現在は鉛筆、シャープペンシル、ボールペン、万年筆などを使用します。毛筆の習字に対して、日常でよく使う筆記用具を利用した文字の学習を硬筆習字と言います。ペン習字とよく訳され、社会人になった方が習う事例が多いのが特徴です。

現在はパソコンやスマートフォンを使い、文章を手書きで書く機会が少なくなりました。そのため、字を上手くかけないという方も多くなってきています。特に年輩の方に、ペン習字を習うケースが多く、様々な教材が販売されているのです。

ペン字を練習するには?おすすめのペン字練習方法とは

字をきれいに書くメリット

日本において、字をきれいに書く能力は、その人の性格や人格、教養を表すものとして、非常に重要視されてきました。そのため、字をきれいに書くことは、その人の評価を高めることにもつながるのです。

冠婚葬祭の際

冠婚葬祭の際には、御香典やご祝儀などとして、いくらかお金を包む場合があります。その際には、自身の名前を書かなければいけません。その際に、文字が汚かったりすると、その人の気持ちを表しているかのように受け取られてしまいます。字はその人の気持ちを表すものでもあります。きれいな字は礼儀として必要なスキルなのです。

お付き合いや知人との交流する際

日本人は暑中見舞い、年賀状などの折り目・節目の際に手紙を出すという文化があります。現代では、電子メールが発達していますので、年賀状をあえて手書きで出す方も少なくありません。普段はメールを多用しているので、特別な際はせめてもと、自ら筆記用具を握る方もいます。字がきれいに書かれてあると、非常に嬉しい気持ちになります。特に新年のあいさつなどは、手書きできれいな字が書かれていると、受け取った際は大変喜ばれます。

就職活動を行う場合

就職活動を行う場合、エントリーシートや履歴書を書かなければいけません。いまだ日本社会では、履歴書を書く際は手書きであるべきという、暗黙のルールが根強く残っています。近年はパソコンなどを使用しても構わないという企業もありますが、いまだ大半は手書きの履歴書を提出するのが一般的です。文字は相手に与える印象に大きく影響を与えます。文字が綺麗に、丁寧に書かれているだけでも、採用担当者の評価は大きく上がるのです。

ペン字のお手本・ペン字のコツとは

ペン字を習う際、やはりきれいな文字を書くためには、良いお手本を活用しなければいけません。独学できれいな文字を学習するには、長い時間を必要としてしまうからです。また、独学で学ぶと、どのようなポイントを直したら、字が綺麗に見えるかなどのコツが分からなくなってしまう可能性があります。そのため、適切な教材を使う必要があるのです。

そこで、ペン字を習う際にぜひとも活用いただきたいのが、伝統山下流です。山下静雨先生は、テレビなどのメディアに多く出演しており、文字の書き方を50年に渡って指導を行ってこられた大家です。

企業向け講習やセミナーで、多くの指導を実践してきたノウハウを、「伝統山下流」でも学ぶことができるのです。学習者にとって嬉しいのは、何と短期間できれいな文字を身に着けることが期待できる点です。文字にあまり自信がない方でも、綺麗な文字を書けるように、的確な指導を受けられる教材なのです。

綺麗な字は、その人の性格や気持ちをさせるものです。特に手紙や冠婚葬祭の際の字は、気持ちのこもった字を書いて、相手に伝えられると、大変喜ばれます。ぜひとも「伝統山下流」で、綺麗な文字を書けるようにレッスンを行いましょう。
ペン字上達「伝統山下流」

このページの先頭へ