字が汚くなる原因とは?字を書くのが下手な人の特徴は?

字を書くのが上手い人もいれば、逆に字を書くのが下手な人もいますよね。最近はパソコンでの作業が主流となっていますので、仮に字が汚くても、解読できなくて仕事に支障をきたすということはないかもしれません。

ただ、字を書く機会がないというわけではありませんので、遅かれ早かれ字が汚い人、下手な人という印象を周囲に持たれてしまいます。

では、そもそも字が汚くなる原因は何なのでしょうか。また、字を書くのが下手な人にはどういった特徴があるのでしょうか。

ペン字上達「伝統山下流」

字が汚くなる原因とは?

字が汚くなる原因はいくつかありますが、主な原因としては練習をしていないこと、そして姿勢やペンの持ち方が悪いことが挙げられます。

練習をしていない

字が上手い、下手は生まれ持ったセンスだと思っている人もいるかもしれませんが、実は練習量の違いという点が大きいのです。

子供の頃字が上手い人は習字を習っていませんでしたか?特に幼少期は、字の練習をしているかどうかで上達具合に大きな差が出ます。

つまり、習字やペン字を習っているなど、字の練習をしている人はその分字が上手く、逆にほとんど字を書く練習をしていない人は字が汚くなってしまうのです。

姿勢やペンの持ち方が悪い

字が汚い人は、字を書くときの姿勢やペンの持ち方が悪いことが原因になっている場合もあります。

字を書くときに体が曲がっていると、当然まっすぐ綺麗な線を引くことが難しくなってしまいます。

また、ペンの持ち方が独特で正しい形でペンを持っていないと、必然的に字が汚くなってしまうのです。

字を書くのが下手な人の特徴は?

字を書くのが下手な人の特徴は、上記で記載した練習不足や姿勢、ペンの持ち方の他に、性格的なものもあります。

せっかち・面倒くさがり

せっかちな人は、字を書く際にもスピード重視になる傾向が強いため、どうしても字が下手になりがちです。

また、面倒くさがりな人も、字を上手く書くということを重視することがないため、下手な字、汚い字を書く場合が多くあります。

頭の回転が速い

頭の回転が速い人には、字が下手な人が多いと言われています。というのも、頭の回転が速いために、そのスピードに手が追い付かず、汚い字になってしまうのです。

字が汚い人は天才肌の人が多いと言われていますが、上記で記載した通り単にせっかち、あるいは面倒くさがりで字が下手なケースもありますので、一概には言えませんね。

字が下手な人でも上達できる?

字が下手な人でも、上手い字を書くことは出来ます。上記で記載した通り、字が下手な原因は単純に練習量不足や字を書く際の姿勢、ペンの持ち方です。

そのため、字が下手な人でもその部分を改善すれば、字を上手に書くことが出来るようになります。

また、せっかちな人や面倒くさがりの人も字が汚くなりがちですが、落ち着いてしっかりと書けば綺麗に書くことが出来るようになります。

そこで、字を上手く書きたいという方におすすめなのが、ペン字上達「伝統山下流」です。

ペン字上達「伝統山下流」は、短時間で綺麗な字を書くための画期的な練習方です。ペン字は習字よりも実用的ですし、手軽に始めることが出来ますので、非常におすすめですよ。

ペン字上達「伝統山下流」

このページの先頭へ