記憶力とは?記憶力をテストするには?記憶力をチェックするには?

現代社会では、私達は脳に蓄えている情報が多ければ多いほど、快適に、優位に人生を送ることができます。情報は大きな利益をもたらしてくれるものです。そのため、我々は記憶力を高めようと努力をします。

記憶力とは、脳に蓄えられている情報を指すものではありません。記憶力とは、どれほど効率よく脳に情報を蓄積できるかという能力を指します。記憶力が高いと、数百の英単語を早く覚えられますし、仕事で取り扱うデータなども上手く活用ができます。

しかし、記憶力とは目に見えるものではありませんし、数値化することも難しいのが現状です。そこで、今自分自身の記憶力がどのくらいのものなのかをテストしてみるといいでしょう。明確に数値化することは難しいですが、記憶力をチェックする方法を試してみるといいでしょう。
川村明宏のジニアス記憶術

記憶とは脳を使うことによって高められる

そもそも、私達の記憶はいったいどのような仕組みになっているのでしょうか。どのような構造で情報の蓄積がなされるかを知っておく事が、記憶力を高める重要なポイントです。

記憶は、私達の脳が蓄積している情報を指します。私たちが外部から何かしらの知識や情報を得る場合、大脳辺縁系と呼ばれる親指程の海馬という部分に記憶として蓄積します。この海馬は記憶にとって、非常に重要な働きをしています。海馬は短期的な記憶と、長期的な記憶を振り分ける仕事しているのです。

今日の天気、今日のテレビ番組など、あまり何度も使う必要のない情報は短期的な記憶として、海馬は時間の経過とともにそれらの情報を削除します。しかし、何度も海馬に出入りする情報は、重要度が高いものだと判断し、忘れにくくするため側頭葉という部分に長期保存用のデータとして保管されるのです。側頭葉に保管される情報は、忘れにくく何年も保存が可能です。

ポイントになってくるのが、記憶力は海馬によって左右されるということです。海馬が情報の重要度を判断し、忘れてもいい情報なのか、それとも忘れてはまずい重要な情報なのかを判断します。そのため、海馬に情報を何度も出入りさせ、重要度が高いことを示してあげると、海馬は側頭葉に情報を保存させるようになります。

受験勉強などで、何度も復習する、繰り返して問題を解く作業が重要というのは、海馬を上手くコントロールするために重要な作業だからです。

記憶力を良くするには?記憶力を上げる・記憶力を上昇させるには

自分自身記憶力をテストしてみる

現在本当に記憶力があるのか、自分はどの程度の記憶力があるのかという疑問は非常に気になる問題です。それに、年齢と共に記憶力が低下してきたと悩む方もいらっしゃいます。そのような場合、記憶力のテストを行ってみるといいでしょう。自分の記憶力がどの程度のものかを確認してみましょう。

記憶力のチェックは、インターネット環境があれば簡単に行えます。現在は多くのホームページで、記憶力をチェックできるフラッシュやゲームを利用ができるのです。短時間で行えるので、試してみるといいでしょう。

内容はシンプルなもので、制限時間内に表示された絵や数字を記憶するというものです。制限時間内にどれだけ正確に記憶できるかが、記憶力というものです。脳の中にある海馬が、上手く情報を吸収しているかどうかが試されます。

日々記憶力を高めるトレーニングを行う

ゲームやフラッシュを利用してみた結果、あまり記憶力が良くなかったという場合もあるかもしれません。しかし、結果が悪かったと言って、悲観する必要は全くありません。なぜなら記憶力というものはトレーニングをして鍛え上げることができるからです。

記憶力とは生まれ持った才能ではありません。記憶力を高めるように脳をトレーニングすると、記憶力を向上させることが十分に可能だからです。

そこで、効果的に記憶力を高めるために、ジニアス記憶術を活用してみるといいでしょう。携帯用ゲーム機などで、脳の記憶力トレーニングのソフトの開発に携わった川村先生が監修する記憶力トレーニング術です。

現在、記憶力を高めるための教材や通信講座が多く販売されています。記憶術ブームと言ってもいいかもしれません。数多の教材がある中で、常に高い評価を得ているのが「ジニアス記憶術」です。

この教材を利用してみた結果、劇的に記憶力が良くなったという感想が多く寄せられています。仕事がうまくいった、難関の試験を突破できたなど、成功している方は大勢います。記憶力を高めると、人生において本当にメリットが多くなります。是非「ジニアス記憶術」を活用して記憶力を高めてみるといいでしょう。
川村明宏のジニアス記憶術

このページの先頭へ