センター試験の合格ラインとは?合格水準・センター試験の平均点

センタ―試験は、大学受験における非常に重要なテストです。毎年1月に開催されるこの試験は、国公立大学の進路を決定づけてしまう試験でもあるため、受験生は毎年、このセンター試験のために学習を進めると言っていいでしょう。

センター試験の点数如何で、志望する大学の入学の合否を決定づけるものではありません。しかし、センター試験の点数があまりに低いようだと、学力水準が満たされていないと判断されてしまう場合もあるのです。

国公立大学だけではなく、現在は私立大学においてもセンター試験を利用した入試が実施されています。大学入試の合否に深く関係するセンター試験は、本番の各大学の入試と共に、十分力を注ぐべき試験なのです。
大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセット

センター試験の作りと平均点

センター試験の問題は、常に各教科6割近い平均点を出せるように設定されています。問題を作成するのは、教科科目第一委員会と呼ばれる組織です。国公立大学の教授など400名ほどが参加して問題の作成を行います。

さらに教科科目第二委員会によって、内容や構成の確認が行われます。約100人の大学教授、有識者よって何度も確認が行われるのです。

そして最終的に教科科目第三委員会によって最終確認が行われます。学習指導要綱に違反していないかなど、入念にチェックが行われて試験問題が作成されます。

大学入試センター試験の問題は、高校の授業で学習した内容以外の問題が出題されないよう、全国の受験生が等しく力を発揮できるように作成されているのです。

センター試験の合格水準

センター試験では、各大学が定めた点数以上を取得しないと、あしきりと呼ばれ、2次試験を待たずして合否が判定されてしまう場合もあり得るのです。

センター試験がE判定でも逆転するには?E判定でも合格するには

そのため、国公立大学を志望する学生は特に、より高得点でセンター試験を突破しなければいけないのです。国公立大学の合否判に必要な科目は、各大学によって異なります。しかし、日本の難関と呼ばれる大学や学部は、センター試験で9割以上の点数を取得しないといけないという厳しい条件も存在しています。

国公立大学の必要点数

国公立大学のほとんどは、日本の名門校と呼ばれる大学です。特に日本の最高学府と呼ばれる東京大学などは、センター試験のボーダーが90パーセント以上という厳しい条件となります。東京大学の他にも、千葉大学、大阪大学、広島大学、東北大学など、有名校は非常に必要点数が高く設定されています。しかし、中には50パーセント程度の得点率でも、十分合格の可能性のある国公立大学も存在しており、受験に際して多くの選択肢があると言えるでしょう。

私立大学の必要点数

センター試験は、元々国公立大学共通第1次学力試験と呼ばれており、国公立大学受験のための第一次試験でした。しかし、現在では私立大学でもセンター試験の結果を反映して入試を実施する大学があります。私立大学では早稲田大学などが非常に難関となっています。明治大学、同志社大学、青山学院大学など国公立大学と同様に90パーセント以上の得点率が求められる学部も存在します。難関大学であればあるほど、センター試験で要求される点数も高くなっていきます。

センター試験に向けて学習を進めるために

国公立大学の場合、センター試験では75パーセント以上の得点率、難関と呼ばれる国公立大学の場合、85パーセント以上という、非常に高い点数が求められます。

学部によっても違いがありますが特に医学部などは、国公立・私立ともに90パーセント以上と、非常に高い点数が必要となります。目標の大学に合格するためにも、センター試験対策はとても重要なのです。

そこで、大学受験勉強法は、受験生に特におすすめしたい教材です。

某有名医学部を現役で合格した学習方法を学ぶことができます。センター試験で高得点を取得するためには、がむしゃらに勉強をすればいいというものではありません。どれだけ効率よく学習を進められるかが出来るかがカギになってきます。

大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセットでは、一日一時間で劇的に成績が変わる勉強方法を伝授しています。

大学受験は本当に多くの知識と情報を学ばなければいけません。そのため、大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセットは受験生に非常におすすめできる教材です。効率よい勉強方法を学べれば、点数を飛躍的に伸ばせるかもしれないのです。
大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセット

このページの先頭へ