予備校のセンター試験A判定とは?センター試験のE判定とは

センター試験は毎年多くの受験生受ける、全国共通の学力試験です。毎年50万人以上の受験生が試験を受けます。この日本全国の受験会場で執り行われる試験で、後の受験の進路も大きく変わってしまいます。

センター試験の結果で、その後受ける大学入試の合格率もおおよそ定まってきます。各予備校などでは、各大学の合格に必要な点数が試算され、その上で合格率を発表します。受験生は、試験の合格判定を参考に学習を進めていくのです。

また、予備校や塾が執り行う模試も大学受験の参考となります。模試の結果にもA判定からE判定までが発表されるため、この判定結果をよくするために、受験生は日々勉強をすすめます。
大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセット

センター試験は受験に必要不可欠

センター試験は、全国の学生が受験する大変大きな試験です。そのため、全国の受験生の学力を判定する試験であり、受験者は今現在、自分が全国の何位に位置しているかを把握できるのです。

センター試験は特に国公立大学を受験する学生にとって、避けては通れない関門です。国公立大学の入試は、このセンター試験の結果を踏まえて判定を出す仕組みになっているのです。そのため、センター試験で点数が低すぎると、問答無用で不合格になってしまう恐れもあります。

私立大学の多くは、センター試験の後に行われる一般入試試験に合格しなければいけません。これは通常、センター試験の結果は反映されずに、各大学が執り行う試験に合格すればいいという形式です。しかし、私立大学の中にはセンター試験の結果を反映させる入試形式も存在しています。

センター試験とは、その結果によって受験できる大学も絞り込まれてしまうという、受験に非常に大きな影響を与えてしまう試験なのです。

大学入試センター試験とは?一般入試とセンター入試の違いとは

各予備校が模試の結果を判定する

大学センター試験の結果はすぐには判明しません。センター試験は全国に大勢の受験者がいます。その結果を集計し、偏差値や平均点を割り出すには長い時間がかかってしまいます。そのため、センター試験の解答は自己採点を持って割り出します。受験生は大まかな結果を算出して、その後の受験の進路を決めます。

自己採点で導き出した点数を持って、合否判定を行います。予備校などのホームページには、合格判定を知らせてくれる専用のシステムが存在します。予備校に通っていなくても利用ができる場合もあるので、活用してみるといいでしょう。

各教科の点数を入力すると、各予備校が持つデータと示し合わされ判定が表示されます。A判定は約80パーセントの合格率、B判定は約65パーセント、C判定は約50パーセント以上、D判定は約35パーセント以上、35パーセント未満はE判定となります。

各予備校の基準も様々ですが、A判定を取得したからと言って、確実に志望校に受かるとは限りません。これはあくまでセンター試験の結果のみで判断したものです。その後の2次試験における結果如何では、不合格になってしまう可能性もあります。

A判定からE判定はあくまで目安だという点に注意しましょう。その上で、本番の2次試験を受けなければいけないのです。

センター試験の合格ラインとは?合格水準・センター試験の平均点

センター試験対策は早めに行いましょう

センター試験対策は、いくらでも早めにしておいた方がいいと言えます。高校3年生の試験直前に始めても意味のあるものではありません。高校2年生から高校3年生の時期にはもう受験の準備をしておかなければいけないのです。

センター試験を受けるのは、現役の高校生だけではありません。難関校を志望する浪人生も何万人といるのです。そのため、多くの受験生は心血を注いで学習に取り組みます。

そこでセンター試験対策に大学受験勉強法などが、とくに活用して欲しい教材です。センター試験とは、毎年毎年、全く系統も書式も違う問題が出題されるものではありません。予め対策をしておくことは十分に可能です。

「大学受験勉強法」は難関と言われる医学部に現役合格した方の勉強術が紹介されています。効率的な問題の解答方法などを知れば、センター試験の得点率アップが期待できます。

「大学受験勉強法」で劇的に点数が伸びたという方の声が多く寄せられています。センター試験を高得点で突破できれば、その後の受験の可能性は大きく広がります。センター試験対策は、大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセットを是非活用してみましょう。
大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセット

このページの先頭へ