大学受験に必要な勉強時間は?1日の勉強時間・1ヶ月の勉強時間とは

大学受験は、誰もが必死になって勉強を行い試験対策を進めます。赤本などを使って、各大学の過去問を何度も解き直す場合もあるでしょう。大学受験とは、その後の進路が大きく変わってしまう試験です。そのため、全国の受験生は必死になって勉強を行うのです。

高校3年生にもなると、毎日が受験勉強のための生活スタイルに変わっていく場合もあるでしょう。特に高校3年生の後半は、センター試験対策など、やるべき学習が多くなります。センター試験の傾向や、各大学の二次試験の対策にかかりっきりになります。

そのため、時間はいくらあっても足りないという感覚は受験生であれば、誰もが経験します。日頃から学習の時間の使い方などをしっかりと自分で管理しなければいけません。
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット

大学受験の勉強は時間との戦い

大学受験とは、時間との戦いだと言われます。まだ高校2年生だから、受験はまだ先なので安心、と油断していてはいけません。まだ受験まで時間的猶予があると思い込んでいると、受験対策に割く時間が少なくなり、失敗に繋がってしまう恐れがあるのです。

受験勉強は、いくらでも早めに行っていたほうが有利になります。試験に際して覚えるべき知識は山のようにあります。英単語・文法、古文の文法、歴史の年表など様々です。そのため、いくらでも先んじて勉強をすすめなければいけません。

大学受験の国語勉強法は?現代文・古文・漢文の基礎国語の勉強方法

受験対策のために、高校3学年までに、必要な知識は習得しておかなければいけません。3年生は模試などが続くので、予習などに適用できる時間が少なくなってしまいます。高校生活はしっかりと毎日の時間を見据えて行動するようにしましょう。

高校生活の勉強時間とは

大学受験は、毎年全国の高校生がライバルになります。また、人気の大学は志望者が集中し、一層厳しい試験をクリアしなければならないのです。そのため、高校3年間の勉強の配分をしっかり考えておきましょう。

高校一年生

高校一年生の時期は特に基礎を重点的に学習します。学校の授業でも、受験に必要な学習を一からすすめていきます。高校一年生の場合は、一日の勉強時間は1時間程度の方が多いようです。休日の場合は2時間程度です。一年生と言えど、定期試験がありますので、事前にしっかりと学習するようにしましょう。

高校二年生

高校二年生になると、受験を視野に入れて学習を進めていかなくてはいけません。志望する大学や学部もある程度目標を絞っていくようにしましょう。二年の時期は、一日2時間程度の勉強時間が必要です。二年の後半になるとこれを倍にして4時間程度の勉強時間が必要です。この時期は、全国のライバルはまだ本格的に受験勉強を始めていない方もいます。ここで頑張ると、ライバルと差をつけることができます。

高校三年生

高校三年生は、受験志望の方は誰もが必死になり、勉強をすすめています。この時期にどれだけ多くの勉強をするかが、受験の結果に大きく反映されるのです。この時期は、一日4時間から5時間程度の学習が必要になります。休日の場合は8時間の勉強時間を確保するようにしましょう。年末に向かうにつれて、焦りと不安が大きくなります。それを解消するためにも、勉強をして少しでも知識を習得するようにしましょう。

受験期間には我慢しなければいけないこともある

高校三年生にもなると、毎日が受験のための生活になってくると言っていいでしょう。高校でも模試や過去問をどんどん解くようになります。さらに、予備校に通っている場合は、さらに激しい受験対策を行うようになるでしょう。

ここまで受験生が努力するのは、ひとえに希望の大学に入学するためです。医学部に修学すれば、医師としての道が開けます。史学部に入れば、歴史の勉強に打ち込めます。それぞれの希望を叶えるために、勉強に打ち込みます。

受験期間中は、勉強に打ち込むために我慢しなければいけないことがあります。それは、娯楽です。とある予備校が受験生にアンケートを実施したところ、漫画やテレビを我慢していると多くの方が回答しています。漫画、テレビ、ゲーム、友人との遊びなど、時には我慢する必要もあります。

しかし、注意しなくてはいけないのは睡眠時間です。受験生の中には、睡眠時間を削って受験勉強に打ち込む方もいます。ただ、睡眠を減らすのはは脳の機能を低下させ、学習効率が落ちてしまう可能性があります。睡眠は、6時間から8時間ほど取るようにしましょう。

大学受験の勉強法とは?おすすめの勉強方法・効果的な勉強とは

勉強は時間を最大限効率的に利用する

難関大学を受験する方や、試験対策が間に合わない方は一日15時間程度も勉強に打ち込んでいるという話も聞きます。また3、4時間の睡眠で学習を続ける方もいます。全国には50万人以上のライバルたちがいます。それらと戦うわけですから、非情な努力をする方もいるのです。

しかし、受験勉強に必要なのは効率です。むやみに何時間も勉強をしても、学力が身に付くとは限らないのです。受験勉強に必要なのはポイントを上手くつかみ、効率のよい学習が大事です。

毎日何時間も勉強しているのに、なかなか点数が上がらない、偏差値が低い、模試で良い判定がもらえないという苦悩をしていませんか?その結果、勉強時間が足りないのだと思い込み、何時間も学習を続けてはいないでしょうか。

何時間もただ勉強をするだけでは、上手く成績に結びつきません。効率のいい勉強方法を学べれば、何倍も成果に結び付けられるのです。

もしかしたら、学習方法が非効率なだけなのかもしれません。そのため、効率のよい学習を探してしてみましょう。きっと受験の結果も変わってくるはずです。志望大学に合格するためには、勉強の効率化が必要です。。
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット

このページの先頭へ