介護福祉士の給料は高い?それとも低い?介護福祉士の平均年収

介護福祉士は、お年寄りの生活の手助け、また身体が不自由な方の補助を行う仕事です。特に老人介護の分野では、高齢社会となっている日本になくてはならない職業だと言えます。

現在日本においては、少子高齢化が進行する過程で、ますます重要が高まっていきます。国の事業の一つとして、福祉の充実化が望まれています。そのため、介護福祉士は国家資格が与えられています。介護の仕事は国の大事な仕事の一つであり、社会を支える重要な位置にあるのです。

介護福祉士とは、社会にとって重要な仕事ですが、実際にはどのくらいの給料をもらっているのでしょうか。そして、その給料は高い水準にあるのか、それとも低い水準にあるのかをしっかりと理解しておきましょう。
介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

介護福祉士の給料と平均年収について

介護福祉士の給料は、勤務している施設や役職によって変わってきます。現在は上場する大きな介護施設を経営する企業もあり、介護福祉士でも給与の差は大きいと言えます。

福祉系の高校を卒業して、介護福祉施設に就職した場合、初任給はおおよそ16万円前後となっています。平成25年度の厚生労働省の調査によると、介護福祉士の平均年齢は38.7歳、月額給与は平均21万8900円となっています。年収をみてみると、307万1600円となっており、ある一定の年齢からは、あまり給与が上がらない傾向にあるようです。

10代後半から介護福祉施設で働いた場合、おおよその年収は200万円台となっています。その後、20代となると250万円前後、30代となると300万円前後と推移していきます。役職などによっては、その後400万円程になる場合もありますが、平均的に30代以降は年収300万円前後で推移しています。

国税庁が平成25年に調査をした結果によると、全国のサラリーマンの平均年収は414万円となっています。そのため、介護福祉士の一般的な仕事より、若干給与が低いと言えます。

介護福祉士の現状

全国のサラリーマンの平均年収と比べると、確かに若干の不足感を感じてしまいますが、介護の仕事はこれからも大いに需要の増加が予測され、介護福祉士の労働環境改善の動きがあります。

介護の仕事は介護福祉士の資格を保持しなくても、就くことができます。ホームヘルパーなどの資格があれば、介護施設で働けるのです。しかし介護福祉士の資格を保持していると、役職手当や資格手当がつく場合が多く、同じ介護の仕事でも給料の面で優位に立てます。

ただし、介護の現場において排泄や入浴の補助を行う仕事であるため、メンタル面に負荷がかかったり、力仕事であるという事実から、定着率はあまり良くないのが現状です。介護福祉士の平均勤続年数は約5.7年であり、転職する方が多い傾向にあります。

しかし、介護福祉士の資格を保持していると、介護施設であれば多くが積極的に採用を行っているため、同職であればあまり仕事を見つけられないという事態にはならないでしょう。

介護福祉士とは?介護福祉士の仕事内容・業務内容とは

介護福祉士の試験対策は万全に

介護福祉士は国家資格であり、国の認定試験に合格した方のみが介護福祉士として認められます。そのため、多くの方が介護福祉士の資格の取得を目指すのです。介護福祉士の資格を保持し、5年以上の勤務経験があると、介護支援専門員の資格を取得できるようになります。

介護支援専門員の資格を取得すると、介護サービスの総合的なマネジメントを行えようになり、介護施設などでも重要視されます。そのため、給料面でさらに優位になられるのです。

そのため、まずは介護福祉士の資格試験に合格する必要があります。スムーズに試験に合格できるように、事前に介護福祉士らくらく合格勉強法を利用して、試験対策を行いましょう。介護福祉士試験は広範囲であり、基本的な知識から専門的な知識まで出題されます。資格試験の合格率は60パーセントと、けっして高くはありません。そのため、適切な勉強と予習が必要になるのです。

介護福祉士らくらく合格勉強法では、とても効率のいい学習ができます。試験範囲が広くて、何処から勉強をしていいのか分からないという方には、是非おすすめの教材です。

何と言ってもその特徴は、最短14日間でマスターできるという勉強方法です。広い試験範囲でも、ポイントを押さえた学習を行うと、かなり短期間に覚えることができるのです。その合格率は90パーセント以上と、非常に高い実績があります。介護福祉士試験の勉強は介護福祉士らくらく合格勉強法を活用してみるといいでしょう。
介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

このページの先頭へ