介護福祉士とは?介護福祉士の仕事内容・業務内容とは

現在、日本は世界一の高齢社会と呼ばれています。2013年に行われた総務省の調査によると、日本人の3,186万人が65歳以上となっています。これは日本の人口の25パーセントにもおよび、日本人の4人に一人が高齢者と呼ばれる方になります。

1970年代ころから、日本社会は高齢社会になると予測されていた通り、現在の日本とは非常にお年寄りの多い社会になっています。お年寄りは老人ホームや介護施設で暮らすケースが多くなっていますが、その生活を支えているのが介護福祉士と呼ばれる方々です。

これからますます後期高齢者が増加が予測されており、現在介護福祉士の重要度は非常に高まりつつあります。しかし、介護福祉士とはいったいどのような仕事をして、どうやったら仕事に就くことができるのでしょう。
介護福祉士らくらく合格勉強法

介護福祉士とはどういった職業なのか

介護福祉士とは、介護の仕事に携わる人間が保持する資格であり、また介護従事者が呼ばれる呼称です。介護施設、特別介護老人ホーム、病院、デイケアセンターなどが主に仕事を行う場所となっています。

介護の仕事を通して、お年寄りの相談に乗ったり、毎日をスムーズに生活できるように手助けを行います。また、介護福祉士とは、その大部分がお年寄りの介護の仕事を行うものですが、中には身体にハンディキャップがある方の生活の補助も仕事の一つです。

介護福祉士は国家資格であり、試験に合格して社会福祉士と認められます。社会福祉士の資格を保持していれば、介護を行う方の指導を行えるようになります。

介護福祉士になるには?最短・短期間で介護福祉士になるには?

このような介護従事者がいるからこそ、日本の高齢社会は支えられています。介護福祉士とは、日本社会の構造を支えている大変重要な資格なのです。

介護福祉士の仕事内容とは

介護福祉士は普段多くの仕事をしています。介護とは非常に広範囲を指します。そのため、介護に従事する介護福祉士は、お年寄りなどが生活しやすいように、多くの種類の仕事をこなさなければいけないのです。

身体の介護を行う

介護を必要とするのは大部分が足が不自由だったり、車いすの生活が長かったりする方々です。介護福祉士は、これらの人々の日常生活を支えるのが大きな仕事です。衣服の着脱などを行ったり、排泄を補助してあげたり、シーツなどを取りか衛生を保持したりしなければいけません。ベッドから車いすへの乗り降りなどを手伝うなど、身体に関わる多くのことを補助してあげます。

毎日の生活の援助をする

介護施設だけではなく、毎日その自宅に赴いてお世話を行うも仕事の一つです。掃除や洗濯などの家事を行うのも重要な仕事です。ご家族と話し合って、介護の方法を決める場合もあり、臨機応変な対応が必要とされます。

介護の助言や相談を行う

実際にお世話をするだけが介護福祉士の仕事ではありません。専門的な知識を活かし、その方に最も適した介護の方法を紹介したり、もっと効果的な介護の方法を提案することも重要な業務内容です。ご家族やご本人の意思をくみ取って、最も効果的な方法を探します。助言や相談は、介護を行う上で、非常に重要なのです。

社会との関りを支援する

現在、独り身のお年寄りという状況が非常に問題になっています。中には自宅にこもったままで、地域社会との関係が疎遠になってしまっている方もいます。そのような方々が、近所や地域社会と上手くお付き合いできるような支援が重要です。お年寄りなどが少しでも住みやすい環境を整えてあげるような仕事もあるのです。

介護福祉士になるためには

介護福祉士になるためには、国家資格を取得するための試験に合格する必要があります。年に一回、1月下旬に全国28か所の試験会場で実施されます。筆記試験に合格した方のみが実技試験に進めます。そのため、まずは筆記試験に合格しないといけないのです。

介護の基本知識や、社会の仕組み、コミュニケーションの方法など、財団法人社会福祉振興・試験センターが定める範囲から出題され、マークシート形式で解答します。

試験を合格するために、介護福祉士らくらく合格勉強法などの教材を活用してみるといいでしょう。非常に効果的な学習がすすめられるとして大人気です。試験の合格率は60パーセントほどですが、合格した多くの方が、この教材を利用して学習を行っています。

介護福祉士は、これからますます重要度が上がる職業です。高齢化社会は今現在でも進行しています。そのため、介護に携わる専門家としての介護福祉士が日本社会にとって必要な存在です。現在、介護福祉士を目指す方は大勢います。介護福祉士の試験に合格するために、この教材を活用して予習を行うのがいいでしょう。
介護福祉士らくらく合格勉強法

このページの先頭へ