電気主任技術者とは?電気主任技術者第一種・第二種・第三種の違い

就職や転職など、職業に就くにあたって資格を保持していれば、専門職に就くことができたり、安定した収入を得やすくなります。専門の資格を保持していなければ、就くこともできない職業もあります。その中でも、電気主任技術者などが特に有名です。

電気主任技術者とは、文字通り電気関係の仕事に就き、発電設備などを管理する仕事です。電気設備は非常に専門的なノウハウと技術が必要とされているため、電気主任技術者という専門の資格が必要になります。

工業系の高校や専門学校では、取得に力を入れている所もあり、非常に人気の高い資格・職業と言えます。電気主任技術者には、第一種から第三種まであり、難易度の高い試験として認知されています。しかし、電気主任技術者を求める企業は多く、電気主任技術者の資格を保持していると就職の可能性が大きく広がるのです。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

どうして電気主任技術者が必要なのか

電気主任技術者の仕事とは、主に企業、工場、発電所、送電施設などの電気を取り扱う施設や部署で電気設備の管理を行う仕事です。現在、私たちが住んでいる日本においては、いつどこでも簡単に電気を使えます。世界の国の中には、四六時中停電が起こる地域もあり、日本のように安定して電気が供給されるのは、信頼性のあるインフラと電気主任技術者の方々が日々管理を徹底しているおかげなのです。

日本では、電気事業法という決まりが定められています。電気を取り扱うにあたって規定が存在しているのです。その中に、「主任技術者」を選任しなくてはいけないという決まりがあります。すなわち、大電力を取り扱う施設などには、常に電気主任技術者がいなければいけない決まりがあります。

大きな電力を取り扱う施設とは、発電所、送電所、製造工場などです。一般家庭とは異なり、大規模で精密な設備が取り揃えてある場合が多いため、専門の管理者が必要になります。電気主任技術者は、社会のインフラの整備・保守になくてはならない職業です。そのため、電気主任資格は、国家資格となっているのです。

電気主任技術者の仕事内容とは?電気主任技術者の業務内容とは

電気主任技術者第一種・第二種・第三種の違い

電気主任技術者の資格には、第一種から第三種まで区分されています。これは大きく分類をしてしまうと、取り扱える電圧量によって区分されています。第三種の場合、電圧が5万ボルト未満、第二種では17万ボルト未満、第一種がすべての電気設備の管理ができます。

試験は第一種からいきなり取得もできますが、一般的に第三種から取得し、徐々にスキルアップを目指していくようになります。第三種から第一種までの違いを確認しておくようにしましょう。

電気主任技術者第三種

第三種は5万ボルト未満の電気設備、5千キロワット未満の発電設備の運用を行える資格となります。電気主任技術者の初級ともいうべき試験です。工業系の高校の電気過程で学んだ知識があれば取得できる資格とされています。しかし、初級と言ってもその合格率は低く、平成24年度試験では、合格率が6パーセントと大変厳しい試験となっています。工場や発電設備のある施設での勤務が可能になります。

電気主任技術者第二種

第二種の資格において取り扱えるのは、17万ボルト未満の電気設備です。17万ボルトレベルになると、発電所や変電所、送電所などのかなり大きな電気施設になります。また、大企業の工場などでも勤務が可能になります。その分、優良企業に勤務ができる資格と言えます。ただし、試験は非常に難易度が高く、一次試験と二次試験をクリアする確率は3パーセントと言われている、難関試験です。

電気主任技術者第一種

第二種では17万ボルトと規定が定められていますが、第一種ではすべての電気施設の取扱ができるようになります。上級規模の発電所や変電所は17万ボルトを越える場合があります。そのため、電気インフラ関係の中でも特に重要な施設に勤務できる資格です。しかし、合格率は第二種より低く、2パーセントを下回っています。平成24年度の資格取得者は全国で100名前後となっており、数ある国家資格の中でも最難関に位置づけられています。

まずは電気主任技術者第三種の資格を目指そう

電気主任技術者は、電気の管理を行い、私達が快適に暮らせるようにしてくれるとても大事な職業です。発電所で電気が作られなければ、私達はパソコンもテレビも使えません。また、送電施設を管理する方がいなければ、安定して電気を受け取ることもできません。

日常の生活けではなく、工場などの生産施設においても、電気が安定的に供給されなければ、企業はモノを生産できず、経済活動が滞ってしまいます。社会を維持・運営するために、絶対に必要な職業が電気主任技術者です。

電気主任技術者はかなり難関の試験です。誰でも、第一種第二種から受験を始めることができますが、合格率は限りなく低いと言わざるを得ません。そこで、まずは第三種から着実に合格を目指しましょう。

電気主任技術者資格の中でも、難易度が低い第三種ですが、それでも合格率は非常に低いものです。そのため、何年も受験に挑戦し続けているという方も大勢いるのです。そこでおすすめしたのが、短期間で電験3種に合格する方法です。なんと最短で4カ月の学習で効果が期待できる、優れたテキストがあるのです。

「短期間で電験3種に合格する方法」では、効率のいい学習方法を学べます。試験に合格するためには、むやみやたらに勉強のテキストで学習をこなせばいいというものではありません。効率よくポイントを押さえないと試験に合格できません。

試験に落ちた経験がある場合、それは試験の勉強方法が適切でなかった可能性があります。試験対策には短期間で電験3種に合格する方法を活用してみるといいでしょう。これから試験を受けようと考えている方、再び挑戦しようと考えている方に、非常におすすめできる教材です。試験のポイントを上手く把握すれば、合格率も大いに上がることでしょう。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

このページの先頭へ