電気主任技術者の仕事内容とは?電気主任技術者の業務内容とは

国家資格の中でも、電気主任技術者という資格は非常に人気の高い資格となっています。工業系の高校の中には取得を推奨する場合も多く、同時に電気主任技術者の資格の取得が電気業界では登竜門となっています。

電気主任技術者は三種から一種まであり、認定試験は大変難易度の高いものとして認知されています。特に電気主任技術者第一種は、一時期年に全国で20名前後しか合格者がいないという「超」が付く難関試験として知られています。

しかし、電気主任技術者の資格を取得できれば、活躍の場が大きく広がります。どのような企業でも必ず電気を使います。そのため、電気設備のある企業で活躍ができます。では実際に電気主任技術者とはどのような仕事をしているのでしょう。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

電気主任技術者の職場と仕事内容

電気主任技術者の資格を取得すると、電気設備のある職場に就くことができます。電気設備とは、配電設備や電源装置、自家発電機などを指し、発電所などのインフラ施設や製造工場に設置される設備です。

電気主任技術者の資格は3つに分類されています。一種から三種まであり、それぞれ取り扱える電気量が定められているのです。第三種は5万ボルト未満の電気設備、5千キロワット未満の発電設備、第二種は17万ボルト未満の電気設備、第一種はすべての電気設備というような分類になっています。

電気主任技術者とは?電気主任技術者第一種・第二種・第三種の違い

電気主任技術者の資格を保持すると、発電所、変電所、送電所などの施設に勤務ができます。中でも第一種資格を保持すると、需要は非常に高く、優良企業に就職が望めます。

電気主任技術者は設備の保守点検がメイン

    電気主任技術者の仕事の多くが、電気施設の管理です。発電所や民間の施設でも、専用の電気設備を設置している場所は多くあります。電気設備はメンテナンス・管理が非常に重要な行為です。的確に電力が供給されないと、施設の操業ができません。また、何か不具合があると、重大な事故に繋がってしまう可能性があります。電気は非常に便利なものですが、その取扱いは常に厳格な管理が求められます。電気主任技術者とは、その保安任務に就くことがメインの仕事なのです。

電気主任技術者は厚遇される資格

電気主任技術者の資格を保持していると、電気技術者としてかなりのステータスになると言っていいでしょう。非常に専門性の高い職種でありながら、社会に多くの施設や設備が存在しているため、就職に困るという事態にはならない職業です。

また、厚生労働省の調査によると、年収の面でも、電気工事技術者の中でも上位に位置しています。国の平成24年の調査によると、電気主任技術者の平均年収は450万円程度になっており、就職数年で400万円程度の収入を得る方もいるのです。

電験3種は就職に有利?電験3種はどのような求人があるのか

これは就職する企業によっても差異が出ます。巨大な企業などの工場などに勤務した場合は、非常に厚遇を受けます。資格を保持していれば、手当がつく場合もも多く、給与面でかなり優遇される環境にあります。

また、発電所や変電所などの施設の場合、電力会社に所属するケースが多くなります。電力会社では、公務員に準じるレベルの待遇が期待できます。そのために、電気主任技術者は人気資格となっているのです。是非とも取得しておきたい資格です。

まずは電気主任技術者第三種から取得を始める

電気主任技術者になるためには、国家試験をクリアしなくてはいけません。電気主任技術者の資格試験は、いきなり第一種試験からでも受験が可能です。しかし、現実的に第一種試験の合格率は数パーセントであり、長年受験を続けている方でも合格が難しい、難関試験です。まずは第三種試験から始めるのがいいでしょう。

電気主任技術者の第三種試験は、第一種試験に比べると難易度は落ちますが、それでも合格率は6パーセント前後という難しい試験であることには間違いはありません。そのため、事前にしっかりとした受験対策が必要になります。

そこで、第三種資格を取得するために、短期間で電験3種に合格する方法などの教材を活用するのがおすすめです。短期間で合格が期待できる、非常に優れた教材であると注目されている教材です。

電気主任技術者の第三種試験は長年学習を続けていないと合格が難しいとの見識を持った方々が大半でしょう。しかし、この短期間で電験3種に合格する方法を活用して、数カ月の学習で資格を取得するに至ったという方の意見が本当に多いのです。中には、4カ月程度の学習で電気主任技術者の第三種の取得成功したいう方もいます。

その理由は、効果的な学習方法を学ぶことができるからです。そのため、多くの方がその勉強方法のおかげで、資格取得に成功しています。実績と信頼のある教材と言えるでしょう。電気主任技術者の試験を受け続けて失敗している方、またこれから電気主任技術者の試験を受ける方は、ぜひ短期間で電験3種に合格する方法を活用してみましょう。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

このページの先頭へ