行政書士の給料は高い?それとも低い?行政書士の平均年収は?

行政書士とは、難関である行政書士認定試験に合格した方々です。行政書士とは国家資格であり、行政書士試験は非常に難関の試験として有名です。しかし、行政書士資格を保持できれば、非常に幅広い仕事を行えます。そのため、人気の職業となっています。

行政書士になると、行政書士事務所を開き、開業する方もいます。地方自治体や国の省庁に提出するべき書類の作成を代行する業務が行政書士の主な業務です。そのため、行政と住民がいる限り、仕事がなくなることはないと言っていいでしょう。

しかし、そんな行政書士になると、いったいどのくらいの年収を得られるものなのでしょう。行政書士資格を持つ方は多くいますが、実際にどのくらいの給料をもらっているものなのでしょうか。
合格返金保証付き★先着20名様★平成27年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

行政書士の給料は大きく異なります

行政書士とは、資格試験に合格したからすぐに行政書士を名乗れるわけではありません。行政書士とは、日本行政書士会連合会に登録すると行政書士を名乗れます。行政書士の数は、全国で44,000名ほどいます。法人として登録している企業は、全国で350程です。

行政書士事務所に勤務している方もいれば、個人で開業している方もいます。そのため、行政書士でも、自身で稼ぐのか、それとも事務所に所属して給料を受け取るのかで異なります。

行政書士事務所を開業し、独立している場合、年収1,000万円以上を稼ぐ方もいます。特に大都市で開業している場合、仕事の案件も多く、本人の才覚次第でどんどん年収を上げること可能です。

全国の行政書士の平均的な年収は500万円から600万円と言われており、他の職業と比べると、比較的高額であることが分かります。しかし、地方に住んでいればいるほど、どうしても大都市と比べると人口が少なくなり、仕事の案件も少なくなってしまいます。大都市と地方では、年収の差がある傾向にあるのです。

幅広い仕事を行えるのが魅力

行政書士の仕事は、書類の作成がメインだと考えている方が多いかもしれません。しかし、行政書士は、書類を作成する業務だけを行っているわけではありません。行政書士の仕事の中には、相談やコンサルタントという種類のものもあります。近年、行政書士の仕事の中で、コンサルタントという分野の比重が大きくなってきています。

行政書士とは?行政書士の仕事内容・行政書士の業務内容とは?

コンサルタント業務も千差万別ではあります。しかし、企業の経営に対しての相談を受けたり、業務拡大に関して意見を述べたりなど、その企業の指針を大きく左右させる可能性もあり得ます。

そのため、コンサルタント業務に力を入れる行政書士もいます。特に大きな企業から仕事を受けるとなると、当然料金も高額になります。経済や経営の知識を身に付けていれば、大きく収入を増やす可能性もあるのです。

行政書士になるには試験をクリアしなければいけません

平成25年の国税庁の調査によると、日本のサラリーマンの平均年収は410万円前後という数値が出ています。そのため、行政書士の平均年収である500万円から600万円という数字は、非常に高いと言えます。

そのため、行政書士を目指す方は多く、非常に人気の職業となっているのです。しかし、行政書士になるためには、試験をクリアしなければいけません。税理士や弁護士の資格を保持していると、試験免除で行政書士になることもできますが、試験に挑戦して合格した方が早道なのです。

そこで、行政書士を目指す方は、この行政書士試験ラクラク勉強法を活用してみるといいでしょう。この教材は、難関行政書士試験を短期間の学習でクリアするという、非常に優れた教材です。実際に、わずか短期間で合格を獲得した方は大変多いのです。

行政書士試験に合格する方は、10パーセント以下になっています。そのため、効果的な学習を実践する必要があります。是非行政書士試験勉強法を活用して、効果的にレベルアップを図る学習が大事です。この教材で、念願の行政書士にグンと近づくことができるでしょう。
合格返金保証付き★先着20名様★平成27年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

このページの先頭へ