理解力とは?記憶力と理解力の関係とは?理解力が良くなる理由とは

理解力という言葉があります。相手の意思や話している内容を素早く的確に理解する能力です。理解力を養っておくと、試験問題を解答する時間も早くなりますし、コミュニケーションを円滑に取ることも可能になります。

理解力が高い人物は、仕事でも学問でも大いに活躍できます。より良い成績に、より円滑に仕事を進行できるようになるためです。そのため、理解力を向上させようと、願う方は大変多くいらっしゃいます。

理解力を向上させようと思った際、重要になってくるのが記憶力です。理解力と記憶力は別の意味の言葉です。しかし、理解力を高めようとした際に、記憶力が大きく関係してくるのです。
川村明宏のジニアス記憶術

記憶力と理解力は違う能力

よく誤解をされてしまうのは、理解力と記憶力は同じものだと思われています。しかし、理解力と記憶力は全く別の意味と能力です。試験勉強を行う際にも、記憶力を鍛えれば、試験でいい点数がとれると、間違った認識をしてしまう方も多いのです。

記憶力とは、情報を記憶するスピード、もしくは記憶量や効率を指しています。より早く、多くの英単語を覚える。より早く情報を脳から取り出せる。そして、情報を長期間に渡って記憶ができる。これらの力が記憶力というものです。

それに対し、理解力とは自分の頭の中で、問題や不明な要素をより早く解決する能力を指しています。相手が何を言いたいのか、会話の趣旨をいち早く理解する。試験問題を解くために、どのようなプロセスが必要なのかを判断できる。より速く、問題を解決に導ける能力を理解力と言います。

記憶力とは?記憶力をテストするには?記憶力をチェックするには?

試験勉強などでは、単純な暗記分野であれば、記憶力をトレーニングして、多くの英単語や歴史の年号を覚えれば、点数も向上するかもしれません。しかし。数学、英語のリスニング問題を解答するためには、記憶力だけでは対処しきれないのです。自分自身で考え、より早く解答にたどり着くために、理解力が求められるのです。

理解力を高めるには記憶力が必要

理解力を指して、世間一般では「頭の回転が速い」「切れ者」などと言い表します。スムーズに、問題を解き明かす力を備えた人物に対して使われる敬称と言っていいでしょう。理解力が高いと、自然とその人物の評価も上がっていきます。ビジネスでは、より重要度の高い仕事を任されるようになりますし、学問では、より高みを目指すこともできます。

しかし、この理解力を身に付けるためには、実は記憶力がとても重要になってきます。極論をすると、理解力だけが良ければ、複雑な数学の問題や公式を使い、難解な計算をもすぐにこなせるかもしれません。しかし、本当の理解力とは、試験問題だけではありません。ビジネスなどで、取引相手との話などを理解する力も重要な理解力です。

例えば、「アメリカで商品の販売を開始したい」という仕事の相談を受けたとします。この問題をより早く解決させることが求められます。実際にこの相談内容には、多くの課題が含まれています。商品はどのような製品なのか。日本から輸出するのか、それとも現地で生産するのか。新商品なのか、それとも既製品なのか。このような課題を鋭く読み解くのが理解力です。

しかし、仕事を進めていくうえでさらに多くの問題が噴出してきます。為替の問題、輸出の場合、同様な運送会社を利用するのか、現地生産をする場合どんな地域に工場を建てるのか。課題を解決に導くために、ヒントが必要です。それが知識であり、情報であり、記憶になります。

問題を解決に導きやすくする手がかりが記憶や知識

    相手が「アメリカで商品を販売を開始したい」という事をいち早く理解したとします。しかし、この命題を解決する為には、為替という貿易に必要不可欠な知識がなければいけません。為替という知識がなければ、このような課題がある問題の難しさすら認識できません。つまり、為替という問題を孕み、この課題を相手が気にしていると理解をすることができます。理解力を鍛えるには、知識や記憶が必要不可欠なのです。

記憶力を高めて上手く脳を使えるようにする

理解力を高めるためには、多くの情報が必要になります。多くの情報を持っていれば、目の前にある問題に対して、様々な角度からアプローチができるからです。経済の問題、人間の心理の問題、政治的な問題、語学の問題など、知識を多く持っていればいるほど、理解は深まっていき、問題を解決させやすくなります。理解をするには、ヒントになる知識が必要なのです。

記憶力を良くするには?記憶力を上げる・記憶力を上昇させるには

知識を多く持つためには、記憶力をトレーニングして、多くの情報の記憶が大事になります。記憶力を向上させるために、記憶術を活用してみるといいでしょう。記憶術が近年ブームになっています。脳を上手くコントロールして、物事を覚えやすくさせる方法として、多くの教材が販売されています。

記憶術で多くの情報を得られると、理解力を高めていけます。理解力とは豊富な知識を持っていればいるほど、その力を発揮しやすくなります。是非理解力を高めるために、優れた記憶術を活用してみるといいでしょう。
川村明宏のジニアス記憶術

このページの先頭へ