介護福祉士の勉強のポイントは?介護福祉士の勉強期間・勉強時間

介護福祉士になるためには、国が定めた介護福祉士認定試験に合格する必要があります。介護福祉士とは国家資格なのです。しかし、誰でも試験を受けられるというものではありません。介護福祉士はこれらからの高齢化社会に非常に重要な仕事であるため、しっかりと技術と経験がある方でなければいけないのです。

さらに、介護福祉士試験は2つの段階に分かれます。記述試験と、実技試験です。この2つの試験を合格した方のみが晴れて介護福祉士として認められます。試験に合格するために、しっかりと学習を進めないといけません。

介護福祉士の試験は例年、合格率が60パーセント程度になっています。比較的国家資格の中では合格率が高いと言えますが、油断は禁物です。できるだけ高得点を取得できるように、しっかりと勉強期間や勉強時間を確認しておきましょう。
介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

試験の準備は早ければ早いほどいい

毎年、介護福祉士試験は一月に開催されます。全国の会場で共通試験が開催され、毎年何万人も受験する大きな試験です。試験は1月から開催されますが、スムーズに試験に合格するために、全年の7月くらいから試験勉強を開始するのがおすすめです。

もちろん、試験の対策を始めるのは早ければ早いほど効果を発揮します。毎年、7月くらいには、介護福祉士試験のための参考書やテキストが販売されます。介護福祉士試験には、介護や福祉関連の法律が出題されます。あまりに古いテキストだと、試験に対応しきれていない場合がありますので、できるだけ新しい参考書を使う方が無難でしょう。

介護福祉士の勉強のポイントは?介護福祉士の勉強期間・勉強時間

また、一日の学習時間は1時間から2時間程度をとる方が多いようです。介護福祉士の試験では、全科目をまんべんなく点数をとらないといけません。偏った点数配分では、試験の合格率は非常に厳しいものとなります。そのため、できるだけ多くの知識を吸収しましょう。試験対策は、早めに行うと、どんどんその合格率も上がっていくのです。

前もって試験対策の習慣をつける

介護福祉士の試験は福祉関連の法律なども出題されます。そのため、現代の福祉事情に精通しておく必要もあるのです。日頃から新聞やテレビのニュースなどには積極的に目を通すようにしましょう。現在、我が国の社会福祉を取り巻く環境など、常日頃のチャックが求められるのです。いくらでも知識を吸収できるように、環境づくりと習慣化が大切です。

また、試験の対策のために、模試やセミナーの受講も勉強方法の一つです。テキストの問題を解くだけでは、試験の雰囲気を感じることができません。受験において、試験会場などの雰囲気の体験は非常に重要です。しっかりと知識を吸収したのに、試験会場の雰囲気にのまれてしまい、十分に力を発揮ができない場合がよくあります。セミナーや模試を受けて試験慣れをしておきましょう。

基本的な知識は試験前年の9月、10月くらいまでにしっかりと学習しておくと、秋以降は試験問題に集中ができます。介護福祉士の試験対策は、基本的に過去問を多く解くと、試験での得点に繋がります。練習問題を解く時間を確保するために、スケジュールを立てて試験に臨みましょう。

介護福祉士の試験とは?試験に申し込むには?試験日・受験資格

教材を利用して効率よく試験対策を行う

介護福祉士試験の対策を行うためには、多くの問題を解く勉強も必要ですが、効率よく学習をする必要が出てきます。試験は多くの時間をかければ、確かに試験に結果を出すことも可能です。しかし、実際に仕事をしていれば、なかなか試験対策の時間の確保ができない場合もあります。短時間に効率のいい学習をできれば嬉しいですね。

その際に、介護福祉士らくらく合格勉強法が役に立ちます。介護福祉士試験に合格するために、わずか14日間の学習で成果を出すことができるという、優れた教材になっています。なんとこの教材を利用した方の90パーセントが合格するという実績を持っているのです。

「介護福祉士らくらく合格勉強法」は試験に効果的に回答ができるように制作された問題集です。なかなか覚えることができない知識でも、しっかりと学習も可能です。この問題集で学習をして本当に良かったという喜びの声も多く寄せられています。

介護福祉士試験を受けるためには、受験料も支払わないといけません。そのため、何度も失敗していては、金銭的な負担もかなり大きくなってしまいます。「介護福祉士らくらく合格勉強法」を利用して、一発合格を目指しましょう。
介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

このページの先頭へ