電験3種の試験日はいつ?電験3種の日程・試験場所・試験会場

電験とは電気主任技術者試験を指します。電気主任技術者は電気設備の保守・管理を行える国家資格であり、各企業から非常に重宝される資格でもあります。そのため、電気技術者の資格の中では非常に人気の資格となっているのです。

電気主任技術者試験は、第1種から第3種まであり、毎年試験が開催されます。試験のために何年も勉強をしてきた方も、これから試験を受けようとお考えの方も、しっかりと試験の日程や場所を把握しておくようにしましょう。

特に電気主任技術者の資格の中でも、電験3種の試験は登竜門であり、ここから徐々にレベルを上げて、第2種、第3種とステップアップしていきます。まずは第3種試験をクリアするために、しっかりと試験場所・試験会場を頭の中でイメージをしておきましょう。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

電験3種の日程とは

電験3種試験を受けるためには、まず試験の日程や流れを記した試験案内や申込書を見るようにしましょう。毎年5月上旬から配布が開始されます。その上で、まずは受験の申し込みをしなければいけません。

申し込み期間は5月の中旬から6月の上旬にかけて設けられています。郵送とインターネット申し込みが可能であり、インターネットの場合、申し込み日初日の10時から、最終日の17時までとなっていますので、くれぐれも最終日の17時までに遅れないようにしなければいけません。

その上で、受験手数料を支払う必要があります。インターネットからの申し込みの際は、4,850円、郵送の場合は5,200円となっています。試験コストを少しでも節約したい方は、インターネットから申し込むのがいいでしょう。

一連の手続きが完了すると、試験を受験できます。毎年、試験日は9月の上旬に設定されています。平成27年度の場合、9月6日が電験第3種の試験日となっています。年度によって、申込期間や試験日が変更になる可能性があるので、試験案内でしっかりと確認をするようにしておきましょう。

電験3種の合格までに必要な勉強時間は?電験3種の勉強期間とは

電験3種試験の試験場所・試験会場とは

電験3種試験の試験は日本全国で開催されます。試験地域は、北海道から沖縄までありますが、ここで注意しなくてはいけないのは、一つの県に必ず試験会場が設定されているわけではないという点です。東北地域の場合、主に仙台などの都市などが試験会場に設定される場合が多いので、実際に遠方で試験を受けることを予定し、予め予定を立てておく必要があります。

試験地域は、日本全国に区分されて決められており、受験の申し込みをする際に、希望の試験地域を書いて提出します。試験地域を記載しないで提出してしまった場合、試験を運営管理する一般財団法人電気技術者試験センターで自動的に割り振られてしまう可能性があるので注意しましょう。

試験地域と試験会場は、申し込み後に郵送される受験票に記載されているので、確認しておきましょう。また、試験会場などへのルートは、電気技術者試験センターのホームページに掲載されるようになっているので事前の確認が必須です。

電験3種試験に合格するためには

電験3種試験は、電気主任技術者試験の中では最も難易度が低く設定されています。しかし、その合格率は10パーセント以下であり、難関の試験であることには間違いありません。資格取得後は、非常に多くの就職先があるため、苦労をして資格取得を目指す方々は大勢います。

そこで、おすすめの教材があります。この教材で試験対策をしたおかげで、見事に試験に合格できたという声は非常に多いのです。それが短期間で電験3種に合格する方法です。

電験3種試験は、繰り返しになりますが、けっして簡単な試験ではありません。3種とついているため、英検3級やそろばん3級などと同じレベルだと勘違いしてしまう方がいますが、国家資格の難易度の高い試験です。

そのため、がむしゃらに勉強しただけでは、合格が難しい試験でもあります。そのために、「短期間で電験3種に合格する方法」を活用しましょう。この教材では、試験に必要なポイントを重点的に学習できます。ただ問題を解くだけではなく、要点を押さえた学習をしなくては意味がないのです。

「短期間で電験3種に合格する方法」では、的確に要所を抑える学習方法によって、効率よく学習を進めることができます。なんと4カ月の学習で電験3種試験に合格してしまう方もいます。学習のコツをつかめれば、短期間の学習で合格も夢ではありません。是非「短期間で電験3種に合格する方法」で合格を目指しましょう。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

このページの先頭へ