記憶力を良くするには?記憶力を上げる・記憶力を上昇させるには

記憶力を向上させたいと願う方は大勢います。誰でも記憶力が良い方が、テストでもビジネスでも大きな力になってくれます。近年は、脳と記憶力の問題がテレビや雑誌で大いに取り上げられるようになり、記憶力をよくする方法などが大々的に紹介されたりしています。

記憶力は生まれ持った能力ではなく、トレーニングをして多くの情報を効率よく脳に記憶が可能になります。そのため、記憶力を向上させるための商品や教材が多く販売されているのです。中にはゲームでトレーニングを行うものまであり、実際に体験した経験のある方もいるのではないでしょうか。

しかし、様々な記憶力を上昇させる方法が紹介されていますが、実際にどのような効果があるのでしょう。また、記憶力をよくする方法とはいったいどのような手法なのでしょうか。
川村明宏のジニアス記憶術

記憶力を上昇させるには毎日の生活から

記憶力は様々な教材や手法を利用して、トレーニングを続けて上昇させることも可能になるでしょう。しかし、記憶力というものは、急激に身に着くものではありません。少しづつゆっくりとその能力が開花していくものなのです。

そこで、普段の日常生活を少し変えて、記憶能力を上昇させやすい環境を作り出してみましょう。そうすると、より速く記憶力を強化させる可能性があります。普段の生活の中で、できる限り記憶力を身に付けるための効率化を行いましょう。

記憶力を向上させるには?記憶力を高める・記憶力を鍛えるには

身辺を機能的に整理する

机の周囲を見渡していると、散らかっていたり、ものが煩雑になってはいないでしょうか。そこで、整理整頓を行ってみましょう。いつも使う本やテキスト、資料は既定の位置に常に置いておくようにする。また、携帯電話や時計など、常に使うものの位置も決めておきましょう。そうすると、余計にものを覚えずに済みます。その都度、書類の場所を探したりするのは非効率ですね。普段から、脳を効率よく使うように心掛けると、記憶力は身に着きやすくなるのです。

ストレスを溜めないようにする

私達の記憶力が低下する原因は、脳の老化ではなく、実はストレスという要因が大きいのです。また、ものを覚えにくくする原因もストレスにあると言われています。そのため、毎日の生活の中で、少しでもストレスを軽減させるように努めましょう。お茶を飲んだり、マッサージをするなど、身体を解きほぐすと精神にもいい影響を与えます。

運動を行う

運動は記憶力の上昇に役に立ちます。筋肉がしっかりつくような、本格的な運動を行う必要はありません。ジョギングやエアロビスクなど、比較的ゆったりした有酸素運動を行うと、かなり効果的です。運動を行うと、脳の血流が良くなります。記憶力は脳が司っているため、脳に酸素を送り込み、活性化をさせてあげましょう。

音楽で記憶力向上

近年は記憶力ブームと言っていいかもしれません。テレビなどに限らず、インターネットでもラジオでも、記憶力向上のための方法やマニュアルが紹介されています。また、何気ない行為も、記憶力向上に影響します。

まず、音を聞くという行為です。ただの喧騒ではなく、この場合音楽を指します。耳から音楽を聞くと、脳に影響を与えて記憶力を向上させる効果がある事が分かってきています。そのため、勉強中に音楽を聞く方も増えています。しかし音楽であれば、何でもいいというわけではありません。中でもクラシック音楽がいいことが判明しているのです。クラシック音楽中でも、モーツァルトが最適とされています。

そもそも、人間の脳は音楽とあまり相性がいいものではないと言われています。曲や音楽は脳にとって本来刺激であり、それゆえに感動や高揚という感情を喚起させます。しかし、モーツアルト音楽は、非常にゆったりとしたペースに制作されており、他の音楽と異なって集中力を増す効果が期待されています。リラックス効果もあるため、知識の効率的な吸収が期待できるのです。

香りがストレスと集中力強化につながる

人間の感覚の中でも、嗅覚も脳に様々な影響を与えます。嫌な臭いの空間にいれば、気分は不快になり、集中力も低下していきます。逆に、いい香りのする空間にいれば、リラックスができ、勉強や仕事もはかどります。香りも、記憶力の上昇に重要な影響を与えているのです。

仕事や勉強などで、疲れた身体を癒す際は、ハーブティーなどを飲んでみましょう。ハーブの香りは、精神を落ち着かせストレスを軽減させてくれます。また、集中力を回復させる効果もあります。集中力の強化は、記憶力を培う上で重要な行為です。疲れた際には、アロマやハーブティーを活用してみる方法も、記憶力強化への道だと言えるでしょう。

記憶術のやり方とは?記憶術の勉強法・記憶術を自宅で練習するには

香りと記憶の関係は、はっきりと科学的根拠が実証されているわけではありません。しかし、ある種の臭いを嗅ぐ行為は、瞬発的に記憶がよみがえるケースも実際に確認されています。このような現象は、実際に専門用語でプルースト効果と呼ばれており、記憶と香りの関連性を示しているのです。

記憶力を上昇させるために記憶術を活用してみよう

様々な記憶力を向上させる方法があります。インターネット上には、記憶力強化のための情報が山ほど存在しています。本当に記憶力を上昇させようと思った際、できるだけ効果の高い方法を実践したいものです。

そこで活用して欲しいのが、川村明宏のジニアス記憶術です。記憶力を向上させるためには、専用の記憶術を利用するのが一番です。様々な記憶力向上の方法がありますが、専門的に記憶力の強化を狙って開発されたこの教材は、最も効果的に記憶力のトレーニングを行うことができます。

この教材を実践してみた方の評価は非常に高く、記憶術の中でも群を抜いて信頼と実績ある教材です。事実、試験やビジネスにかなり役立ったという方の声が非常に多く寄せられています。記憶力を上昇させるには、川村明宏のジニアス記憶術を活用してみるのがおすすめです。
川村明宏のジニアス記憶術

このページの先頭へ