行政書士になるには?最短・短期間で行政書士になるには?

行政書士と聞いて、どのような仕事をしている職業か思いうかべることができるでしょうか。行政書士とは国家が定める資格であり、行政書士法という法律によってその仕事がどのようなものかが決められています。

行政書士とは、大まかに言ってしまうと、書類を作成する仕事だと言うことができます。市役所、県庁、または国の機関などに提出する書類の作成を行うのが行政書士の主な仕事になっています。官庁によって、または案件によって提出しなければいけない書類の形式も変わってしまいます。これらの書類形式は無数にあり、あまり知識のない人間では、作成が非常に困難です。

そこで、行政書士が代理に作成を行うのです。行政書士が作成できる書類の種類は何と数千から一万に及ぶとされています。その分、行政書士には様々な知識が求められます。
合格返金保証付き★先着20名様★平成27年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

行政書士になる方法とは

行政書士は国が定める国家資格者であり、厳しい選考基準を満たして初めて認められる仕事です。行政書士になると、その専門性を活かし、法人、個人問わず、様々な書類の作成を請け負うことができます。資格を保持していると、本職として事務所を開業せずとも、企業の中でも非常に重宝されるようになります。では、行政書士になるためには、いったいどのようなステップを踏めばいいのでしょうか。

行政書士になるために、大きく分けて2つのルートが考えられます。一つは行政書士試験に合格する道。もう一つは、他の国家資格を有する場合など、試験を免除されて行政書士資格を取得する場合です。

行政書士試験に合格する

毎年1回、行政書士試験が開催されます。例年11月中旬に開催されており、行政書士試験に合格できれば、行政書士として活動ができます。

試験は300点満点で行われ、180点以上、全体の60パーセント以上の得点を取得した方が合格となる仕組みとなっています。定員数があるわけではないので、合格点数に届くことができれば、合格認定を受け、資格を取得することができるのです。

出題科目は行政書士の業務に関し必要な法令等科目などの法律分野、行政書士の業務に関連する一般知識等科目などになっています。専門性の高い法律から一般教養問題まで幅広く出題されるため、試験対策が欠かせません。

行政書士の試験対策とは?行政書士の受験対策・勉強対策とは

試験を免除して行政書士になる方法

じつは行政書士は、試験を受けずに資格を取得できます。行政書士試験に合格しなくても、税理士、公認会計士、弁護士、弁理士などの国家資格を有している場合、行政書士試験を受ける必要がなく仕事を行えます。

また、公務員の場合、勤続20年以上の方は試験が免除されます。国、地方公共団体の公務員で、尚且つ行政事務に通算で20年勤務した経験がある方のみが対象になっています。

最短で行政書士になるには

上記の通り、行政書士になるためには、2通りのルートがあります。試験を免除されて行政書士になれるのは非常に楽です。しかし、公務員で行政事務に従事していたとしても20年の歳月が必要であり、他の国家資格を取得する場合も、どれも最難関の資格ばかりなので、非常に時間がかかってしまいます。

行政書士の勉強のポイントは?行政書士の勉強期間・勉強時間とは

やはり最短で行政書士になるためには、行政書士試験に合格するというステップが一番早い道だと言えるでしょう。行政書士試験には年齢制限や学歴などは設定されていません。そのため、早ければ未成年でも資格を取得ができます。最近では、10代の受験者も少なくなく、数人が試験に合格しています。

しかし、それは極端な事例であり、多くの方は20代、30代、40代で資格を取得しています。行政書士試験で最も難関なのは、法律分野の試験です。そのため、4年生の法学部に進学し、法律を勉強して試験に臨むという方が多くいらっしゃいます。また、法律系の大学に通っていなくても、独学で勉強を続けて20代で資格を取得する方もいます。個人によって、合格する時期は異なりますが、勉強方法と努力によって合格までの道のりは変わってきます。

最短の勉強で行政書士試験に合格するために

行政書士試験の合格率は、毎年平均すると10パーセント未満となっています。平成17年度の試験では、合格率が2.62パーセントという、非常に低い記録をした年もあります。それだけ難関の試験であり、合格者層も20代から50代にまで及びます。これは長年試験を受け続け、やっと合格したという方も多いためです。

しかし、そんな行政書士試験は受験資格に年齢制限も学歴制限もありません。つまり、十分な知識を取得さえしていれば、高校や大学在学中でも資格の取得は夢ではないということです。いかにポイントを押さえた学習をするかで、合格時期はどんどん早まるといっていいでしょう。

そこで最短で試験に合格するためには、この行政書士試験ラクラク勉強法を活用してみるといいでしょう。4カ月の学習で試験に合格した方もいるほどの、効率的な対策ができる教材です。

実際の行政書士が研究して製作した学習方法であり、試験の最重要ポイントを学習できる内容となっています。事実、この教材を活用してから、本当に一発で合格をしてしまったという声が、本当に多く寄せられているのです。

的確ではない学習を続けていても、試験の結果にはあまり結びつかないのが行政書士試験です。そのため、「行政書士試験ラクラク勉強法」で効率のいい学習を行い、ポイントを押さえた学習が必要なのです。最短の勉強時間で試験合格を目指しましょう。
合格返金保証付き★先着20名様★平成27年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

このページの先頭へ