行政書士の試験とは?試験に申し込むには?試験日・受験資格とは

行政書士とは、書類の作成業をメインの業務としています。法人でも個人でも、時に官庁へ書類を作成して提出しなければいけない場合があります。開業の申し込みであったり、事業許可であったりと様々です。これらの書類は、非常に専門性が強いものもあり、専門家である行政書士に作成を依頼した方が効率的なのです。

行政書士が取り扱うできる書類は、数千、数万種に及ぶとされており、非常に業務の幅が広い仕事であると言えます。また、法律分野にも精通していなければならず、近年はコンサルタント業務を行う行政書士も増えています。

国家資格である行政書士ですが、非常に難関試験であり、合格率も決して高いとは言えません。しかし、資格取得後の進路は広く開かれるため、人気の高い資格です。そのため、試験に合格するために、毎年何人もの受験者が試験を受けています。行政書士試験に臨む前には、しっかり日程などを確認しておかなければいけません。
合格返金保証付き★先着20名様★平成27年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

行政書士の試験の特徴

行政書士になるためには、いくつかの方法があります。まず、他の資格を保持している場合です。税理士、弁護士、弁理士、公認会計士、また地方公務員として行政事務を20年以上経験した方が、試験を受けずとも行政書士の資格を保持できます。

しかし、税理士や弁護士の資格は非常に難関で、行政書士になるためには、直接行政書士試験を突破した方が早道と言えるでしょう。

行政書士試験の最大の特徴は、年齢、性別、学歴、国籍の制限が一切ないという点です。そのため、専門の教育を受けていなくても、受験が可能です。大学や専門学校などで、法律や行政の勉強をしていなくても、試験に合格ができれば、行政書士になれます。独学で学習を重ねて、試験の合格も十分可能なのです。

行政書士の試験対策とは?行政書士の受験対策・勉強対策とは

行政書士試験の出願期間と試験日

行政書士試験に合格するためにも、しっかりとその試験日までのスケジュールを確認しておくようにしましょう。試験対策は、スケジュールを組んで計画的に行った方が、効率がいいのです。そのため、日程を予め把握しておくことは非常に重要です。

出願種類の入手

行政書士試験を申し込むためには、まず試験案内を手に入れる必要があります。出願書が同封されているので、早めに入手しておきましょう。出願書類は各地方自治体の官庁や出張機関で配布されています。配布期間は決められており、毎年8月の上旬から8月の下旬にかけて配布されます。郵送で届けてもらうことも可能です。一般財団法人行政書士試験研究センター宛に、A4用紙が入るサイズの返信用封筒と140円切手を貼り、申し込みをします。期限内に必着が必須となっているので、期限は事前に確認しておきましょう。

出願期間

行政書士試験の申し込みは郵送と、インターネットから申し込みができます。注意しなければいけないのは、郵送の申し込み期間と、インターネットの場合、期限が異なっています。いずれも8月上旬から9月上旬となっていますが、間違えないように事前確認が必要です。

試験日

試験日は、例年11月の上旬に開催されます。試験会場は、申し込みに際して希望ができます。それぞれ各地域での試験となりますので、事前に会場までのルートを確認しておきましょう。試験は当日の12:30までに会場に到着しておくようにするとベストです。試験時間は3時間で、13:00から16:00までになります。

行政書士試験に合格するための教材

行政書士試験は非常に難関の試験として有名です。例年合格率は10パーセントを下回る数字を出しているのです。しかし、行政書士試験に短期間で、一発合格を決めている方もいるのです。

非常に効率のいい学習をしているのが共通点で、長い時間むやみに勉強に取り組んでいる人はあまり見受けられません。試験対策は、長い月日をかけるより、短く効率的に学習できた方が、たいへん嬉しいですね。

そこで、行政書士試験の対策に活用いただきたいのが、行政書士試験ラクラク勉強法です。この教材は、短期間に試験合格までの適切なポイントを身に付けることができるというメリットがあります。

やはり普段仕事やアルバイトをしていると、一日に行える勉強時間も限られたものになってしまいます。しかしこの教材を活用すれば、普段忙しい方でも短い学習時間でも、的飼うにレベルアップも期待できるのです。

「行政書士試験ラクラク勉強法」で学習すれば、短期間で難関の行政書士試験に合格することも十分に可能性があるのです。試験対策には、ぜひ行政書士試験勉強法を利用してみましょう。
合格返金保証付き★先着20名様★平成27年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

このページの先頭へ