介護福祉士試験の問題集は?介護福祉士のおすすめ問題集とは

介護福祉士になるためには、介護福祉士試験を受けて、国からの認定を受けなくてはいけません。介護の仕事に従事している方にとって介護福祉士の資格の取得は大変意義があり、現場でのキャリア形成に大きく関わってくるのです。

そのため、多くの方が試験をクリアするために、日夜勉強に取り組んでいることでしょう。試験は毎年1回の勝負となります。そのため、事前にどれだけ有効な対策を行えたかで、試験の合否結果は大きく変わります。

そんな介護福祉士の試験対策には問題集の活用が欠かせません。多くの問題を解く経験が、ご自身の力になっていくからです。しかし、利用するべき問題集はどのようなものでもいいというわけではありません。しっかりと力をつけられる問題集を選ばなければいけないのです。
介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

介護福祉士の試験は独学でも受かる可能性は十分にある

介護福祉士とは国が定める国家資格です。国家資格と聞くと、税理士や司法書士などの難関資格をイメージしてしまうかもしれません。しかし、介護福祉士試験とは国家資格の中でも、比較的合格率が高い試験なのです。かなり難易度が高い資格は、専門の学習施設に通ったり、講座・セミナーへの参加も必要なのかもしれません。しかし、介護福祉士は独学で十分合格できる可能性があるのです。

介護福祉士の試験とは?試験に申し込むには?試験日・受験資格

平成27年に制度が変わり、介護福祉士になるためには、誰もが試験をクリアしなければいけなくなりました。それまでは、介護系の学校などに通っている方は、必要単位を取得していれば、試験免除されるという仕組みでした。

しかし、平成27年度以降は、誰もが試験に合格しなければ、介護福祉士として認定を受けることができません。学生でも、現在介護の仕事に従事している方でも、試験対策が必要となりました。試験対策のために、問題集などを活用し、しっかりと学習をしなければいけません。

問題集を選ぶポイントとは

自身で学習を行う際の教材、問題集の重要性がますます大きくなりました。自身で有効な勉強を行うためには、問題集を参考に学習を進めるのが、最も効率がいい方法です。しかし、問題集を選ぶ際は、しっかりとレベルアップになるかを考えないといけません。問題集を選択する際は、注意すべきポイントがあるのです。

解説がしっかり記載されている教材

学習とは、ただ問題を解いて終了するのでは何の意味もありません。問題を解き、間違えてしまったのであれば、その理由をしっかりと分析しなければ意味がありません。そのため、問題の解説がしっかりなされているかを確認しましょう。解きながら学べる教材が、レベルアップに繋がっていきます。

模擬試験を行える教材

問題を解いて、理解もできるというだけでは試験対策は万全とは言えません。試験の準備のために、模擬試験ができるという点にも留意しましょう。模擬試験問題が付随してあり、それを使って時間を測りながら学習ができると、時間配分などを確認できます。試験と同じ状況を作り出すと、本番の予行練習が行えるのです。

過去問が勉強できる教材

介護福祉士試験では、過去問を解くことは非常に重要です。そのため、試験を対策は過去問を多く解く学習に重点を当ててもいいかもしれません。過去問を多く解答していくと、傾向も把握していけます。出題されやすいパターンというものがあるので、過去問は試験対策に非常に有効です。

介護福祉士試験は過去問だけで合格できる?おすすめの過去問は?

介護福祉士試験合格のためのおすすめ問題集

介護福祉士試験のためには、事前の対策がとても重要です。福祉系の学校に通って授業を受けている学生は、学校の授業時間内で試験対策の勉強ができます。しかし、現在でも介護の現場で働く方にとっては、試験時間がなかなか確保できないという場合もあるのではないでしょうか。

そこで、おすすめの問題集が介護福祉士らくらく合格勉強法です。この問題集の特徴は、短期間で介護福祉士試験に合格するため必要な学習を一冊で賄えるという点です。わずか14日間の試験勉強で、介護福祉士試験に合格してしまった方もいるほどの効果です。

試験勉強は、ただ時間をかければいいというものではありません。どれだけ内容の濃い学習ができたかによって、試験結果は変わっていきます。そのため、効率的な勉強は非常に大切です。

介護福祉士らくらく合格勉強法なら、的確なポイントを押さえ、非常に濃い、中身のある学習が行えます。実際にこの教材の利用してみて合格したという方は、本当に多いのです。試験対策には、是非介護福祉士らくらく合格勉強法を使ってみるといいでしょう。
介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

このページの先頭へ