電験3種の初心者向けの参考書とは?初心者におすすめの参考書は?

電験3種は電気関係の資格の中でも非常に難易度が高く、合格率も低い資格となります。特に初心者の方は、一から勉強を始めるわけですから、資格取得までに何年も掛かるというケースも珍しくありません。

電験3種を勉強するためには、まずは参考書を購入して勉強し、その後問題集や過去問をひたすら解いていくという流れが一般的です。

では、電験3種の初心者向けの参考書とはどういったものなのでしょうか。また、初心者におすすめの参考書にはどのようなものがあるのでしょうか。

短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

電験3種の初心者向けの参考書とは?

電験3種の初心者向けの参考書としては、やはり1つの科目に特化した参考書ではなく、電験3種の知識が網羅できる参考書が良いでしょう。

電験3種に合格するには非常に膨大な知識量が必要で、参考書も理論、法規、電力、機械の4つの科目に分れています。

そのため、電験3種の参考書は4つの科目ごとに分かれている場合もあれば、4つの科目が一冊にまとまっている場合もありますが、どちらにしろかなりのボリュームがあります。

4つの科目が一冊にまとまっているタイプの参考書は、比較的予備知識のある方向けとなりますので、電験3種の初心者の場合は、理論、法規、電力、機械の科目ごとにそれぞれ分かれているタイプの参考書の方が適しています。

ちなみに、電験3種の初心者の勉強法としては、他にも通信教育で勉強するという方法もあります。通信教育は質問が出来たり、問題の添削なども行ってくれますが、参考書で勉強するよりも費用が掛かるという点があります。

初心者におすすめの参考書は?

初心者におすすめの参考書は、上記で記載した通り、1冊にまとまった参考書よりは、理論、法規、電力、機械の4つの科目ごとにそれぞれ分かれている参考書の方が良いでしょう。

4つの科目ごとに分かれた参考書は、各科目ごとに詳しく勉強することが出来ますので、予備知識のない初心者の方にはおすすめです。

ただ、電験3種の勉強範囲は非常に広く、特に初心者は最後の科目を勉強する頃には最初に勉強した科目の参考書で覚えたことを忘れてしまうというパターンも少なくありません。

しかし、逆に電験3種の科目が1冊にまとまったコンパクトなタイプの参考書では、初心者に必要な知識を網羅することは難しくなってしまうのです。

初心者は参考書の前に勉強の仕方を学ぶべき

上記で記載した通り、初心者の方がいきなり膨大な量の参考書で勉強を始めるのは、かなりハードルが高いと言えます。

そこで、初心者の方におすすめなのが短期間で電験3種に合格する方法です。

短期間で電験3種に合格する方法は、厳密に言えば参考書ではなく、電験3種に合格するためのマニュアルになります。

初心者の方が電験3種の勉強でまずつまずくのは、その範囲の広さです。しかも、4つの科目ごとに分かれた参考書であっても、1冊1冊がかなりのボリュームがあります。

もちろん、分厚い参考書で時間を掛けてひたすら勉強すれば電験3種に合格することも出来るでしょう。ただ、誰だって出来るだけ時間を掛けずに効率よく勉強して資格を取得したいですよね。

短期間で電験3種に合格する方法は、出来るだけ短い期間で電験3種に合格するためのマニュアルなのです。効率よく勉強するにはどうしたら良いのか、どういった勉強をすれば電験3種に合格できるのかといったことを学ぶことが出来ます。

特に初心者の方は、モチベーションアップのためにも、うんざりするほど分厚い参考書から勉強を始めるのではなく、まずは効率の良い勉強の仕方を学んでからスタートすることをおすすめします。

短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

このページの先頭へ