電験3種は就職に有利?電験3種はどのような求人があるのか

就職活動を行う際、資格を保持していたほうが有利になる場合があります。特に専門性が高い資格や、即戦力になりうる資格保持者は大変重宝されます。中でも、電験3種の資格は、就職に大変有利です。

電験3種とは、電気主任技術者の第三種資格を指しています。電気設備の管理や保全を行うために必要な資格であり、非常に人気の高い資格です。就職のために、電験三種の勉強をして、資格取得を目指す方も大勢います。

では、電験3種の資格を保持していると、どうして就職に有利なのでしょう。また、電験3種を保持していると、どのような求人に応募できるのでしょう
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

電験3種の資格は就職に大変有利になる

電験3種は、非常に多くの業種で役に立つ資格です。電気主任技術者とは、電気設備の管理を行うスキルを持った技術者です。電気設備が必要な場所では、電験3種のスキルが大いに発揮できます。

電気主任技術者の仕事内容とは?電気主任技術者の業務内容とは

現代では、至る場所に電気が使われています。工場、ビル、ショッピングモールなど、多くの施設で大量の電力を使用します。しかし、法律上ある一定の電力を使用する施設には、電験3種の資格者などを配置しなくてはいけない決まりがあります。つまり、電気設備が設置されている場所には、電験3種資格者の活躍の場があるということを指しています。

電験3種の有資格者を求める企業

    ・建設業
    ・鉄道業
    ・ビル管理会社
    ・電気工事会社

電験3種は、電気系の資格の中でも、専門性が強い資格で、多くの企業が人材確保に積極的になっています。そのため、多くの企業で求人を出しており、非常に就職に有利になる資格と言っていいでしょう。

電験3種にはどのような求人があるのか?

電験3種を保持していると、様々な求人に応募できます。電験3種を保持しているだけで、スムーズに就職活動を終えて、内定を貰うことも可能です。それだけ、各企業は電験3種の有資格者を求めている証拠でもあります。

ビル管理・ビルメンテナンスの企業の求人

オフィスビルは日本に多く存在します。特に都市圏には多くのビルが建っており、ビル管理会社が設備の保守を行っています。ビルには当然電気設備が設置されており、電気管理を行える技術者が求められています。専用の発電設備などが設置される施設も多いので、電験3種資格者の活躍の機会は多いのです。

発電所や変電所の求人

電気の供給に欠かせない発電所や変電所では電験3種の資格者が活躍しています。特に大手の電力会社に勤務する形式となり、民間企業の中では非常によい待遇を受けることができます。電力供給などのインフラを取り扱う企業は、元は国の管轄下に置かれており、公務員に次ぐ待遇を受けていました。民営化されてなお、優良企業として認知されています。

民間企業の施設や工場の求人

民間企業でも、特にモノづくりを行う企業は、電験3種の技術者を多く採用しています。工場などの生産施設では多くの技術者が勤務しているのです。電験3種の保持者は、電気設備の保全業務を行えるため、大変重要視され、手当てなどが非常に充実しています。民間企業の求人に応募する方も少なくありません。

電験3種の求人は、都市部だけではなく、地方にも多くあります。幅広い業種で求人が見受けられるので、各社の待遇などを考慮しながら応募が可能です。就職では、特に大学生のうちに電験3種資格を保持できれば、就職活動にかなり有利になります。

最大手の電力会社や上場企業は電気設備の管理ができる技術者を多く求めているので、新卒採用の場合、電験3種の資格を保持していると、かなり大きなアピールポイントとなります。

電験3種は幅広い分野の企業で活躍が期待できます。また、実用的なスキルを身に付けることができる資格であるため、転職にも大変有利です。人生設計のために、電験3種の取得は大変意義あると言えるのです。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

このページの先頭へ