電験3種の初心者の勉強法とは?初心者が勉強すべき科目は?

電験3種試験は、非常に高度な知識を問われます。発電所や変電施設で活躍できることから、電気の知識に関しては非常に難しい試験が執り行われます。インフラの管理や保守を行う場合も少なくなく、高度な知識が必要となれるからです。

電験3種は、就職や転職の際に非常に有利になる資格であるため、多くの方が受験します。中には、全くの初心者の状態から勉強を始める方も大勢いらっしゃいます。

では、電験3種の初心者はどのような勉強法を実践すればいいのでしょう。また、電験3種試験の対策で、初心者はどの科目を重要視して勉強すればいいのでしょうか。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

電験3種の初心者の勉強法とは

電験3種試験は、4つの科目から構成されています。電力、法規、機械、理論であり、それぞれで合格点を取得しなければ、電験3種の資格を取得することができません。

電験3種試験を学習する場合、まず計算問題を解けるようにしておく必要があります。電気の計算などが、職業上絶対に必要になってきますので、計算問題を解けるだけの数学知識が必要となります。

電験3種の合格までに必要な勉強時間は?電験3種の勉強期間とは

計算問題と言っても、高校生の数学で習うレベルの問題が基本になっており、まずは高校数学の勉強から始めるといいでしょう。文系や電気工事関連の仕事に就いていない場合、基本的な物理や化学の知識が必要になります。高校の教科書を復習から始めましょう。

電気設備関連の仕事に就いている方や理系出身者ではない場合、やはり基本となるべき知識が不足してしまいます。高校生で学習する数学、物理、化学が基本となってきますので、どうしても理系の受験者に比べてスタートが遅れてしまいます。

初心差の場合は、高校の勉強の復習から始めるようにしましょう。数学、化学、物理の全範囲を復習する必要はありません。電験3種試験に必要な範囲は決められていますので、ピンポイントで学習をしても、効果は大きく上がります。

高校の教書を活用する

    電験3種試験の中では、公式を利用した計算問題が多く出題されます。まず、高校数学の「三角関数」「ベクトル計算」「複素数」の分野をおさえておきましょう。また、物理では「電磁気学」を集中して学習する必要があります。いきなり電験3種の試験の勉強を始めると、丁寧に解説していない教材などが多々あります。高校の教科書は丁寧に解説しているので、「電験3種」のテキストを活用するより先に、高校の教科で勉強を始めるとスムーズに電験3種の対策に繋げられます。

電験3種の初心者が勉強を始めるべき科目とは

電験3種の試験は4つの科目があります。4つの科目の総合点で合否を判定するのではなく、電力、法規、機械、理論で合格点を取得する必要があります。しかし、初心者の場合、高校の数学や物理から始める場合もありますので、効率の良い勉強方法が重要です。

まず、初心者が電験3種試験の対策を始める際は、「理論」の分野から始めるといいでしょう。「理論」の分野は計算問題が中心となっています。数学などの知識の応用で解答ができるので、最初に試験対策にめどをつけておきたい科目です。

電験3種の勉強法とは?電験3種の勉強方法・勉強の順番とは

「理論」科目は、電験3種試験の基礎となります。まず初心者は、高校数学と物理、そして理論の分野の学習を行いましょう。また、理系の知識が不足しがちな文系出身者だけではなく、理系の出身者や現在電気工事の仕事に就いている方でも、基礎知識の復習は重要です。

「理論」の勉強を一通り終えたら、「機械」「電力」の順に進めていきましょう。「法規」は、単語や単純な知識だけで、早めに対策を終えておきたい分野と考えられがちですが、計算問題も出題されます。「理論」の知識が必要とされますので、最後に対策を行います。

初心者は「理論」から勉強を始めると効率の良い学習が行えます。しかし、電験3種試験の中となる科目は「機械」「電力」です。学習時間は「機械」「電力」に使うようにしましょう。基礎知識の復習から、各分野の学習まで、初心者は綿密にスケジュールを組む必要があるのです。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

このページの先頭へ