電験3種の給料とは?電験3種を保持すると年収が変わる?

電験3種の資格を保持していると、就職や転職に有利に作用します。電気設備の取り扱いができ、尚且つ保守や保安の業務が可能になるため、非常に実践的な資格であると言えます。

電験3種の資格を保持していると、給料にも影響を与えます。電験3種の資格を保持していると、専門性の高い技術力が要求される職場に就く場合が多いため、手当などが手厚く支給される場合もあるのです。

では、電験3級の給料とは、具体的にどのくらいの金額なのでしょう。また、電験3種を保持することで、年収は変わっていくものなのでしょうか。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

電験3種の給料・年収とはどのくらいか

電験3種とは、電気主任技術者第3種をさしており、各企業で線設備の工事や保守を行う仕事に就くことができます。電気設備とは、発電装置や電気管理ステムなど様々な種類に及びますが、かなり広範囲の業種で使用されています。

電気主任技術者の仕事内容とは?電気主任技術者の業務内容とは

民間企業の製造施設や、発電所や変電施設などのインフラの場でも、電験3種保持者が求められます。すなわち、求人の数も多く、活躍の場は非常に広いと言えます。資格を保持していない求職者ができない仕事を任されるため、安定して収入を得ることも可能です。
民間企業に就職した場合、おおよその平均年収は300万円から400万円と言われています。民間企業の中でも、最大手の企業や、電力会社に勤務できれば、一般の企業に比べて、福利厚生も充実しており、充実した待遇で勤務も可能です。

電験2種や電験1種を保持すると年収が変わる?

    電気主任技術者には、第3種から第1種まで資格が存在します。第2種、第1種と資格保持の難易度も高くなっていき、取り扱う仕事の範囲も広くなっていきます。当然重要な設備の管理に携わるようになり、給料や年収にも影響を与えます。電験2種で400万円から600万円、電験1種で500万円から700万円程度の年収を得ている方もいらっしゃいます。勤務する職場や企業によって異なりますが、電験3種保持者に比べて、100万円から200万円の給与アップも期待できます。

電験3種で独立して収入を得る

電験3種の資格者が仕事に就いた場合、年収が300万円から400万円と、通常のサラリーマンに比べて、各段に給料がいいわけではありません。しかし、電験3種を保持していれば、独立起業するという選択肢も生まれます。

電験3種の資格保持者が起業するケースは珍しくはなく、多くの方が民間企業に就職した後に独立をしています。現在は、大手の電力会社や民間企業が、業務を外部に委託している場合が多く、定期的に仕事を獲得できれば、安定した収入を得られる可能性は十分にあります。

電験3種保持者が独立するには?

    電気主任技術者が、外部の企業から業務委託として仕事を請け負うには、実務経験が必要になります。 つまり、独立するには、民間企業など現場での実績が条件となるのです。電験3種保持者の場合、実務経験が5年以上必要になります。また、電験2種資格者はで実務経験4年、電験1種保持者で3年が必要です。そのため、いったん資格者を保持して、企業で社員として勤務する必要があるのです。

電験3種は就職に有利?電験3種はどのような求人があるのか

民間企業の社員として働いている際は、年収が300万円から400万円程度だったとしても、独立して定期的な仕事を獲得できれば、年収も大幅に上げられる可能性もあるのです。裁量次第では、民間企業の正社員以上、また電験1種保持者以上の年収アップも期待できます。

さらに、民間企業の社員と異なり、休日などを自分自身で設定できるのが魅力の一つです。自身の管理次第で、円滑に仕事と私生活の切り分けも可能です。

電験3種の資格を保持できれば、人生において様々な選択肢が生まれます。実績を積んで、電験2種、電験1種を獲得しキャリアアップも可能です。また、起業・独立も夢ではありません。自身の力次第で大きく給料や年収をアップさせることも可能です。

電験3種試験に合格して、資格を保持できれば様々な可能性が開けます。
短期間で電験3種に合格する方法~1冊の問題集で4ヶ月間で合格~

このページの先頭へ