介護福祉士と看護師の違いは?仕事内容・待遇・需要の違いは?

将来介護福祉士や看護師など、医療や介護の現場に携わる職業に就きたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

介護福祉士も看護師も、人と密接にかかわる仕事となりますので、非常にやりがいもあり、責任の大きい仕事と言えます。

ただ、介護福祉士と看護師は、よく並べられることがありますが、それぞれ仕事内容などにどのような違いがあるのかよく分からないという方も多いかもしれません。

そこで、介護福祉士と看護師はそれぞれどういった職業なのか、また仕事内容や待遇、需要の違いについてまとめました。

介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

介護福祉士と看護師の違いは?

介護福祉士と看護師は、どちらも国家資格が必要な職業となりますが、様々な違いがあります。

まず、介護福祉士と看護師の大きな違いとしては、医療行為が出来るかどうかという点です。例えば、注射や採血、血圧の測定などは看護師であれば行うことが出来ますが、介護福祉士は行うことが出来ません。

逆に、介護行為は看護師も行うことが出来ます。入浴や食事の補助といった介護行為は本来介護福祉士の仕事となりますが、看護師であっても介護行為を行うことは可能になります。

基本的には、介護福祉士は日常生活が困難な高齢者や障害者の手助け、介護を行う仕事、一方看護師は、病気やけがなどを治療する医療行為が仕事ということになりますが、看護師の方が関与できる範囲が広いと言えますね。

仕事内容・待遇・需要の違いは?

介護福祉士と看護師は、仕事内容や待遇、需要にもそれぞれ違いがあります。上記で記載した通り、介護福祉士は介護行為、看護師は医療行為に関わらる仕事となりますが、それぞれどいった違いがあるのか見ていきましょう。

仕事内容

介護福祉士の仕事内容としては、高齢者や障害者の日常生活の手助けとなります。具体的には、入浴や食事の介助、排泄の介助などが主な仕事内容です。また、高齢者や障害者とコミュニケーションを取ることでメンタル面のケアをすることも介護福祉士の仕事となります。

看護の仕事内容としては、点滴や注射、採血などの医療行為がメインになります。また、他にも医師の補助や患者さんの健康面のチェックなども看護師の仕事ですが、場合によっては排泄や食事の介助をすることもあります。

待遇

介護福祉士と看護師の待遇は、勤務する施設や病院、勤務歴になどにもよりますので、一概には言えませんが、一般的には介護福祉士よりも看護師の方が給料が高いとされています。

ただ、介護福祉士の場合は、ケアマネージャーへのステップアップも可能となっていますので、待遇面もある程度自分次第で変えることが出来ると言えるでしょう。

介護福祉士とケアマネージャーの違いは?ケアマネになるには?

需要

需要の高さとしては、やはり看護師よりも介護福祉士の方が高いと言えます。現在日本は高齢化社会の真っただ中であり、今後さらに高齢者の割合が増加していきます。

そうなると、やはり介護施設における介護福祉士は、今後もどんどん需要が高くなる職種になります。

介護福祉士は何歳からでも挑戦できる職業

介護福祉士は現在非常に需要が高まっている職業で、介護福祉士の人手が足りないという老人ホームや介護施設も数多くあります。

そのため、やる気さえあれば何歳からでも資格を取得することが出来ますし、その後就職することも可能なのです。

実際に、50代や60代の方が一念発起して介護福祉士の資格を取り、働いているというケースもかなり多くあります。

介護福祉士は少子高齢化社会が進むにつれて、今後もさらに需要は高くなります。そのため、ずっと続けられる安定した職業就きたいと考えている方には適した職業と言えるでしょう。

介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

このページの先頭へ