介護福祉士試験は過去問だけで合格できる?おすすめの過去問は?

介護福祉士になるためには、介護福祉士試験に合格しなければいけません。介護福祉士は国家資格であり、これからの介護の現場には無くてはならない存在です。高齢化社会を支える、非常に使命のある仕事だと言えます。

介護福祉士試験はここ10年間におよそ50パーセント以上も受験者が増えています。平成25年の試験受験者数は、過去最多の154,390人となっているのです。そのため、今後も大きく受験者数の増加が予想されています。

しかし合格率は60パーセント台であり、残念ながら合格できない方々もいらっしゃいます。他の国家試験に比べて、合格率は高いと言えますが、試験対策をしっかりと行っていないと、落ちる可能性はあります。介護福祉士試験の過去問などを何度も解く、復習が重要です。
介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

介護福祉士試験は過去問が非常に重要

介護福祉士の試験はマークシート方式で、5問選択タイプになっています。また、合計点は120点満点であり、合格には6割以上の得点率が求められています。この試験をクリアするための秘訣は、過去問を中心に学習を進めることです。年度ごとに試験の内容は当然異なります。しかし、同じような問題が何度も出題されているので、過去問から新しい問題が出題される可能性は高いと言えるのです。

介護福祉士の試験対策とは?介護福祉士の受験対策・勉強対策とは

しかし、過去問だけではなく、試験全体を見渡して試験対策を行うようにしましょう。過去問を解くと、確かに合格率は大きく上昇します。しかし、過去問には出題されない問題が出ても何ら不思議ではありません。テキスト、参考書などを利用して、試験範囲全体をカバーしておくように、試験対策を進めるのが無難です。

過去問を利用する際の学習方法

    過去問を利用して学習を行う場合、おすすめは、まず過去10年分ほどの過去問を使用します。年次の古いものから新しいものへと解きすすめていきましょう。もし、間違えた問題がある場合は、必ずチェックをして、後々確認できるようにしておきます。ここで重要なのは、過去問は一度解いたら終了ではなく、2度3度と繰り返し練習をします。そうすると、試験の傾向も把握ができます。間違えた個所も、しっかりと確認すると、自分がどのような問題を間違えやすいのかを把握できます。多く問題を解くことが、試験クリアのコツと言えるのです。

どのようなテキストを活用すべきか

介護福祉士試験の教材は多く販売されていますが、一通り基本知識を覚えた後は、いかに問題を解くかが大事なポイントです。試験範囲の知識をまとめた参考書は、勉強初めは大いに参考にすべきです。しかし、試験が近くなってきた際に重要視すべきは問題集です。

問題集にも様々な物があります。中でも、本番試験と同じ構成や作りになっているものを選びましょう。試験の時間、記載される構成など、できるだけ本番試験と同じ環境に似せて作ってあるものを選択しましょう。これらと過去問を組み合わせて、繰り返し学習を行うようにすると、自然と力も備わっていきます。

問題集や過去問を解く際は、自分で時間を設定して学習を行いましょう。試験では時間が無くなってしまう場合もあるかもしれません。問題を解き、知識を蓄えるだけではなく、試験環境に慣れておくという行為が重要なのです。

試験対策におすすめの教材とは

介護福祉士試験が間近に迫ってくると、非常に緊張したり、焦りを感じてしまう人も多くいらっしゃいます。しかし、そこで負けてはいけません。不安を打ち消すためには、あくまで対策学習を進めるしかないのです。

しかし、実際に学習をしていても、本当に自分自身に力がついているのか不安になってしまうこともあるでしょう。その際は、この介護福祉士らくらく合格勉強法を活用してみてはいかがでしょうか。なんと、試験合格に最短で2週間で成果が出るという教材です。実際にこの教材を活用して、試験に合格したという方は非常に多いのです。

介護福祉士試験の教材の中には、千数百ページもあるテキストもあります。ボリュームが大きいのはいいことですが、それでは学習の手を付ける気も引けてしまいます。また、継続した学習も難しくなるのではないでしょうか。

「介護福祉士らくらく合格勉強法」は、非常に効率よく知識吸収ができるように作られています。本当に試験に必要なポイントを厳選し、的確に試験の成績に反映されるようになっているのです。そのため、短期間の学習でも、驚くほどの効果を発揮させることができるのです。介護福祉士を目指す方に、是非おすすめしたい教材です。試験合格を達成するために、是非この教材を活用してみるといいでしょう。
介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

このページの先頭へ