大学入試センター試験とは?一般入試とセンター入試の違いとは

毎年多くの受験生が大学入試センター試験を受験します。センター試験を受けることによって、今自分がどの程度の学力を持っているのかを判断し、国公立大学や私立大学の入学試験を受けるかどうかを決める基準となります。

毎年一回だけ受験が出来るセンター試験の結果によって、その後の受験資格や進路も大きく変わってきます。それだけ受験生にとって重要な試験であり、大学受験にとって欠かせないテストなのです。

毎年全国の高校生が受験する試験ですが、いったいセンター試験とはどのようなものなのでしょう。また、センター試験後は大学入試とどのように関係しているのでしょう。
大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセット

大学入試センター試験とは

大学入試センター試験とは、独立行政法人大学入試センターによって執り行われる全国共通の学力試験です。毎年1月13日以降の最初の土日が試験日となっており、2日間に渡って執り行われます。「センター試験」と学生や教師、もしくは多くの方が略称で使用する場合があります。

元々は、国公立大学入試のための第一次試験である、国公立大学共通第1次学力試験が改称されたものであり、今では国公立大学を受験する学生にとって、非常に重要な試験となります。

国公立大学受験のために設けられた大学入試センター試験ですが、現在は私立大学もセンター試験の結果を反映し、受験を行う学校も存在しています。

センター試験に合格するには?センター試験に受かるには?

また、大学入試センター試験は、全てマークシート形式となっており、記述問題は存在しません。問題は、教科科目第一委員会と呼ばれる教員、大学教授、有識者によって作成され、厳密な審査を経て出題されます。

問題の出題範囲は、全て学生の学習指導要綱に沿って作成されており、全国の学生が全て取り組めるレベルに設定されて作成れるのです。このため、受験する学生にとって、全国の学生たちの中で、自分の学力がどの位置にあるのか、公正に判断ができるようになっているのです。

大学入試センター試験と国公立大学受験の関係

大学受験には大きく分けて2つの進路が考えられます。一つは私立大学を受験する進路。もう一つは、国公立大学を受験する進路です。国公立大学を受験する場合、この大学入試センター試験が非常に重要になってきます。

元々、大学入試センター試験は、国公立大学の第一次試験として始まりました。すなわち、国公立大学に入るための第一関門なのです。

国公立大学の多くは、偏差値が高い、いわゆる名門校です。そのため、多くの学生がキャリアアップのために国公立大学を受験するのです。国公立大学の入試は大きく分けて2段階に分かれています。一つは前述した、大学入試センター試験です。もう一つは、各国公立大学が実施する2次試験です。

2次試験とは、各大学・各学科が独自に作成する試験であり、筆記試験やマークシートなどが織り交ぜられて出題されます。多くの国公立大学の合否判定は、センター試験と、この2次試験の両方の点数を考慮し決定されるものなのです。

センター試験がE判定でも逆転するには?E判定でも合格するには

そのため、2次試験の点数が格段に良くても、センター試験の点数が低かったりした場合は、不合格判定となってしまう可能性もあります。

各国公立大学では、入学試験に合格するためにセンター試験の点数が、だいたいどれくらいという基準が設けられています。センター試験の結果、その点数に届かなかった場合、あしきりと呼ばれ、国公立大学合格の可能性は極めて低くなってしまうのです。

そのため、国公立大学を目指す学生にとって、センター試験は心血を注いで受ける、とても重要な試験です。

大学入試センター試験と一般入試との違い

国公立大学を目指す方にとって、大学入試センター試験は非常に重要な関門です。もし、大学入試センター試験で思うような成績を取れなかった場合、志望校を選択し直さなくてはいけないのです。

それに対し、一般入試とは各大学が独自に開催する入学試験を指します。国公立大学を受験する方であれば、2次試験を一般入試と呼びます。また、私立大学を受験する場合は、各大学によって名称が異なり、統一入試や2次入試などと呼ばれる場合があります。

国公立大学の入学試験と異なり、私立大学の場合は、センター試験の結果如何によって合否が左右されるものではないのです。多くの私立大学の場合、各大学が設ける一般入試に置いてのみ好成績を修めた学生のみが合格判定を獲得できます。

近年、私立大学によっては、センター試験の結果を反映させる試験形態も存在していますが、多くの私立大学の場合、センター試験の結果を考慮せずとも、一般入試の結果次第で合格を勝ち取ることが出来きるのです。

受験対策におすすめの教材

大学受験というものは、人生の進路を決める非常に重要なものです。特に国公立大学を受験する学生にとっては、第一の関門となる大学入試センター試験は非常に重要な意味を持ちます。

塾や予備校に通い、必死に努力を重ねる学生は本当に多くいらっしゃいます。みんな真剣に自分の人生を開拓しようとしています。

受験生には、この大学受験勉強法が是非ともおすすめしたい教材です。

大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセットでは非常に効率のいい学習方法を学べます。何時間も勉強を続けているのに、あまり成績が上がらないと悩んでいる学生には是非おすすめです。

もしかしたら、適切な学習法を知っていなかっただけなのかもしれません。この教材を利用すると、一気に成績のアップも十分期待できます。

難関の医学部などに合格することも夢ではありません。受験勉強の際は、大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセットを利用して学習を行ってみてはいかがでしょう。大学受験勉強法とセンター試験高得点マニュアルセット

このページの先頭へ