行政書士の勉強とは?行政書士の勉強の仕方・勉強方法とは?

行政書士試験は非常に難易度が高い試験です。合格率は例年10パーセント以下を記録しており、人気の資格ながら、合格出来るのはほんの一握りです。そのため、行政書士認定試験に受かるためにはポイントをおさえた、効率的な学習を行わないといけません。

行政書士を受験する年齢層は様々です。学生のうちから試験に挑戦する方もいれば、現職のビジネスマンの方が受験する場合もあります。行政書士試験は、確かに合格率が低い試験ではあります。しかし、的確な勉強方法によって、年齢や職種に関係なく合格できる可能性があるのです。

では、行政書士試験を合格するためにはどのような勉強を行えばいいのでしょか。行政書士を目指して学習している方や、これから行政書士を目指す方は、勉強を見直してみましょう。勉強方法次第で、大きく合格率を上げる可能性もあるのです。
合格返金保証付き★先着20名様★平成27年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

行政書士試験の勉強法はどうすればいいのか

行政書士の試験では、幅広い分野から問題が出題されます。出題分野は大きく分けて2つです。まず、行政書士にとって保持しておかなければいけない知識である、法律分野です。法律と言っても、憲法、民法、行政法、商法などに分類されます。実際の試験でも、かなり重要になりますので法律分野は特に重点的に学習を行う必要があります。

実際の試験でも法令科目が7割以上、その他が一般教養の問題となっています。すなわち、法令分野を自分のものにできれば、合格に向けて大きく前進できるといえます。さらに詳しく分析すると、法令科目の中でも、行政法と民法の分野で総合得点の半分以上が配点されています。行政書士試験でまず重要視すべきは行政法と民法の学習なのです。

行政書士の試験対策とは?行政書士の受験対策・勉強対策とは

6割以上の得点率で合格できる

    行政書士試験に合格するためには、総合得点の6割以上の点数を取得すればいいのです。行政書士試験は総計60問の問題が出題され、合計得点は300点満点となっています。そのため、180点以上を取得できれば、合格できる試験です。細かく解説すると、法令科目で、出題点の5割以上、一般教養範囲の出題点の4割以上を取得しなければいけません。300点満点のうちの390点や、380点を取得しなければいけないという試験ではないのです。

必要な科目に優先順位をつけて学習する

行政書士試験は、例年の合格率が非常に低い試験です。よく行政書士試験の合格率は数パーセントと言われる場合があります。しかし、近年の行政書士試験の合格率はどんどん上昇しているのです。平成26年の行政書士試験では合格率が10パーセントを越えています。

それでも難しい試験には違いはありませんが、絶対に無理だと諦めるのは早計かもしれません。的確な勉強方法を実践すると、合格できる可能性は大きく高まるのです。

まずは、最初に行政法から勉強を始めるといいでしょう。配点が高く、出題数も多いので、まずは行政法をしっかりと身に付ける学習が必要です。その後は、民法、憲法と学習を進めていくと効率よく成績アップがねらえます。

勉強を始める際は、どの科目から手を付けてもいいという訳ではありません。しっかりと試験を分析し、少しでも点数を取得できるように、戦略を練って学習すると、成績はどんどん伸びていくことでしょう。試験までの勉強スケジュールなどを作成してみてもいいかもしれません。

合格率を高めるための勉強方法

行政書士試験は、今でこそ誰もが受験ができる試験ですが、かつては受験資格が設定されていました。高卒以上、国や地方公共団体の公務員経験3年以上などの制限があったのです。現在はその資格も撤廃されているため、現役の高校生やサラリーマンでも受験ができます。

行政書士の勉強のポイントは?行政書士の勉強期間・勉強時間とは

しかし、多くの方が受験する試験だからこそ、多種多様な目的で受験に臨む方がいます。中には、軽い気持ちで受験したり、記念に受験するような方も大勢います。当然それらの方々の合格率は決していいものではありません。これが行政書士試験の全体の合格率を下げている要因でもあるのです。

試験全体の合格率ばかりに目がいって、極端に試験に抵抗を感じてしまう必要はないのです。事実、近年の合格率を見ても分かる通り、合格者は増えています。しっかりとした勉強方法を実践すれば、十分合格の可能性があるのです。

しかし、行政書士を目指している方の中には、社会人として働いている方も多いはずです。どうしても日々の勉強時間を確保するのが難しい場合もあります。

大変効率的に学習を進められる行政書士試験の教材が役に立ちます。試験に必要な学習を短期間でしっかりと行うことができる内容のものも多くなっています。実際に教材で試験に臨み、合格を勝ち取った方は大勢います。是非試験対策に活用してみるといいでしょう。
合格返金保証付き★先着20名様★平成27年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

このページの先頭へ