行政書士試験の問題集は?行政書士のおすすめ問題集とは

行政書士試験に合格するためには、たくさんの学習時間と的確な学習を行える問題集が必要です。ただ法律を覚えるだけ、ただ問題の形式を暗記するだけでは、行政書士試験に受かることはできません。

行政書士試験に合格するかどうかを決めるのは、今まで法律の知識を大学などで学んできたかどうかではありません。確かに憲法や民法の学習を専門的に学習してきた方と、全く学んでいない方とでは差があります。

しかし、行政書士試験で大きく異なるのは、いかに試験に向けて専門の対策を行っているかどうかにかかっています。確かに、知識を多く持っていれば設問に解答できる確率は高くなります。しかし、行政書士試験はそれだけではありません。効果的な学習教材を活用すれば、合格率を大きく上げられます。
合格返金保証付き★先着20名様★平成27年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

試験の対策にどの問題集を使うかは非常に大切

行政書士試験は、法科の大学を卒業した方がすぐに合格できるかというと、そんな簡単ではありません。試験に合格するためには、試験の傾向や対策を把握しておかなければいけません。

行政書士の試験対策とは?行政書士の受験対策・勉強対策とは

そこで、行政書士試験の対策を行うために、問題集を購入し、問題を解く練習を行いましょう。行政書士は大変人気のある職業です。そのため、書店などでは学習用のテキストや問題集が数多く販売されています。

受験者は、必ず何かしらの教材を購入し、対策を行います。しかし、問題集の選択を間違ってしまうと、合格率は大きく下がってしまいます。店頭に並ぶ問題集の中には、あまり的確なポイントをおさえていないものも数多くあります。

行政書士の試験内容がよく研究され、また試験の出題ポイントを的確に分析された問題集を購入しなければいけないのです。

過去問だけを繰り返していてはダメ

行政書士試験の問題集を購入する際に、合わせて購入しておきたいのが、行政書士試験の過去問です。過去の問題から、近似した問題が出題される頻度は多く、過去問集は試験の対策には必須のアイテムと言えます。

多くの書籍や、ホームページを見ると、過去問を非常に重要視しています。過去問を繰り返し解くことは、試験合格の早道だと記載されているものが大変多くあります。その通りで、過去問を解くという勉強方法は試験合格のために必要な学習です。過去問を多く解くと、試験の傾向などを理解出来るからです。

行政書士試験は過去問だけで合格できる?おすすめの過去問は?

しかし、過去問を極度に重要視するの非常に危険です。過去問はあくまで、過去の試験に出題された問題であり、過去問だけを解く学習方法では、試験に向けての対策はできないのです。過去問を解き終わったら、新たに試験に向けて必要な知識を蓄える作業が必要になってくるのです。

過去問以外に、必ず試験範囲を学習できる問題集を用意し、解き進めるようにしましょう。特に法学の知識がない受験生にとって、問題集を解くということは新しい知識を学ぶことでもあります。問題を解いた際は、正解・不正解に関わらず、必ず解説を読むようにしましょう。

行政書士試験の対策におすすめの問題集

行政書士試験の対策の学習を進めていくうえで、実際にどのような問題集を使用するのがいいのでしょう。試験対策用に問題集は様々な種類が販売されています。いったいその中かで、果たして本当に効果的な問題集はあるのでしょうか。

行政書士試験の範囲は、非常に広域です。試験範囲を全て網羅するには、多くの学習時間が必要になってしまいます。毎日試験勉強を行うのは、社会人の方々にとって難しいものです。また、学生なども同様に、効率的な試験学習を進めないと試験への合格は遠のいてしまいます。

効率的な勉強時間を確保し、さらに効率よく知識を吸収していけるような問題集を選びましょう。そこで、行政書士試験ラクラク勉強法を活用してみましょう。

多くの受験生が陥ってしまいがちな暗記に頼らない学習教材です。さらに、試験に対処できるような的確な思考を学べる教材になっています。この効果は大きく、なんと、全くの素人から学習を始め、この教材を利用して147日間の学習を行った結果、見事に合格を勝ち取った方もいるのです。

法律に精通していなくても、現在働いているビジネスマンでも、「行政書士試験ラクラク勉強法教材」を活用すれば、大きくレベルアップも期待できるのです。行政書士試験は効率の良い学習を行える、「行政書士試験ラクラク勉強法」を活用しましょう。
合格返金保証付き★先着20名様★平成27年度に完全対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

このページの先頭へ