記憶力は睡眠でアップできる?記憶力の向上に効果的な睡眠方法とは?

勉強の仕方は人それぞれですが、毎日コツコツと勉強してしっかりと睡眠をとる方もいれば、試験前に一夜漬けをするという方もいますよね。

一夜漬けの方は当然睡眠をほとんどとっていない状態で試験にのぞむわけですが、睡眠と記憶力には何か関係性があるのでしょうか。

そこで、記憶力は睡眠でアップできるのか、また記憶力の向上に効果的な睡眠方法についてまとめました。

川村明宏のジニアス記憶術

記憶力は睡眠でアップできる?

記憶力が睡眠でアップできると言うよりは、しっかりと睡眠をとることでより記憶が定着するという言い方の方が正しいかもしれません。

というのも、人間の脳は眠っている間に記憶を整理するといった働きがあります。記憶が整理されることでより定着しやすくなり、長期間忘れにくくなります。

実際に勉強をして知識を詰め込んだすぐ後にテストを行うよりも、一旦睡眠をとってからテストを行った方がより覚えているという研究結果もあります。

そのため、睡眠は知識をしっかりと定着させておくためには、非常に重要だと言えます。

記憶が定着する、忘れにくくなるということは、結果的には長期的な記憶力がアップすると言い換えることも出来るでしょう。

記憶力の向上に効果的な睡眠方法とは?

記憶力の向上に効果的な睡眠方法としては、まず睡眠不足にならないように毎日しっかりと睡眠をとることが基本となります。

睡眠不足は脳の機能低下に繋がり、十分なパフォーマンスを発揮することが出来ませんので、記憶力向上の大敵なのです。

6時間半~7時間半の睡眠をとる

テスト前に一夜漬けをするという方も多いかもしれませんが、記憶力を向上させるためには徹夜は厳禁です。

記憶を定着させるためには、最低でも6時間以上の睡眠が必要という研究結果もありますので、毎日の睡眠時間をしっかりと確保しましょう。

また、睡眠中はノンレム睡眠とレム睡眠を交互に繰り返すようになりますが、記憶をしっかりと定着させるためには、6時間半~7時間半の睡眠時間が最適とされています。

逆に、3時間程度の睡眠しかとっていないと、記憶が定着しにくくなり、せっかく覚えたことも忘れやすくなってしまいます。

睡眠前に勉強をする

睡眠前に勉強をすることで、脳に記憶が定着しやすくなります。特に何かを暗記したいなら眠る30分前から眠る直前までに勉強すると効果的です。

眠る直前に覚えたことほど、脳が整理して記憶を定着させてくれますので、記憶力アップに繋がります。

時間を掛けずに記憶力をアップさせたいなら

脳に記憶を定着させ、記憶力を向上させるためには睡眠は非常に重要となります。

ただ、分かっていても忙しくてなかなか睡眠時間を確保できないという場合もありますよね。

そこで、時間を掛けずに出来るだけ短時間で記憶力をアップさせたい方におすすめなのが、川村明宏のジニアス記憶術です。

川村明宏のジニアス記憶術なら、1日7分の簡単なゲームを実践するだけですので、忙しい方、まとまった時間がとれない方でも大丈夫です。

川村明宏のジニアス記憶術は、全世界で120万人以上の方が実践した非常に人気の高い教材となっていますので、短時間で記憶力をアップさせたいという方はぜひ試してみて下さい。

川村明宏のジニアス記憶術

このページの先頭へ