介護福祉士の資格取得に年齢制限はある?介護福祉士は何歳まで働ける?

介護福祉士は、これから加速度的に進む日本の高齢化時代になくてはならない職業ですよね。

老人ホームなどの介護施設では慢性的な人手不足の状態が続いていると言われていますので、今後も介護福祉士の需要はより高まっていくでしょう。

現在介護福祉士として働いている方は、かなり幅広い年齢層だと言えますが、実際に介護福祉士の資格を取得できるのは何歳までなのでしょうか。

そこで、介護福祉士の資格取得に年齢制限はあるのか、また何歳まで働けるのかについてまとめました。

介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

介護福祉士の資格取得に年齢制限はある?

介護福祉士の資格取得に年齢制限はありません。介護福祉士になるためには、介護福祉士の国家資格を受験する必要がありますが、介護福祉士の受験資格には年齢制限は設けられていません。

そのため、例えば60歳以上の方でも介護福祉士の資格試験を受験することが出来ますし、合格すれば介護福祉士になれるのです。

ただ、介護福祉士の受験資格には、介護の実務経験が3年以上、あるいは専門学校などの介護の養成施設を卒業していることが条件とされています。

ただ、上記の条件をクリアすれば、何歳でも受験出来ますので、若い年代の方はもちろん、中高年の方でも介護福祉士の資格を取得出来ます。

介護福祉士は、何歳からでも目指すことが出来る国家資格だと言えますね。

介護福祉士は何歳まで働ける?定年はある?

介護福祉士は何歳まで働けるのかについては、働いている施設の規定によって異なりますので、一概には言えません。

一般的な会社では60歳を定年としているケースが多いため、60歳を定年と定めている施設の場合は60歳まで働けるということになりますね。

ただ、現在は改正高年齢者雇用安定法の施行に伴い、仮に定年が60歳と定められている場合でも本人が希望すれば65歳まで継続して働くことが出来るようになっています。

定年を設けていない介護施設もある

上記で記載した通り、一般的な会社の場合は60歳、あるいは65歳まで働くことが出来る場合が多くなります。

ただ、介護福祉士が働く老人ホームなどの介護施設の場合、定年制度を廃止し定年を設けていないケースもあるのです。

というのも、老人ホームなどの介護施設では急速な高齢化に伴って、慢性的な人手不足となっています。

そのため、人手不足を解消するためにも、中高年の方にも出来る限り長く働いてもらえるように定年制度を廃止しているのです。

もちろん、全ての介護施設で定年制度を廃止しているわけではありませんが、定年を設けていない施設では実質何歳まででも働けるということになりますね。

介護福祉士は何歳からでもチャレンジできる資格

介護福祉士の受験資格には年齢制限はありませんので、その他の条件をクリアしていれば何歳でも取得することが出来ます。

また、現在は定年制度を設けていない介護施設もありますので、中高年の方でも定年を気にせず働くことが出来ます。

実際に他の会社を60歳で定年退職し、その後介護福祉士の資格を取得して介護施設で働いているという方もたくさんいます。

ちなみに、中高年の方が介護福祉士を目指す場合は、働きながら介護福祉士の勉強をするというケースが多いと思いますので、スムーズに資格を取得するためにもどれだけ効率よく勉強できるかが重要ですよね。

介護福祉士らくらく合格勉強法は、自宅で簡単に出来る勉強法ということで非常に人気の高い教材となっていますので、忙しくて十分な勉強時間を確保できない方にもおすすめですよ。

介護福祉士は幅広い年齢層の方が活躍できる職業になりますので、興味のある方はぜひ年齢を気にせずチャレンジしてみましょう。

介護福祉士らくらく合格勉強法~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~

このページの先頭へ