センター試験の国語の勉強方法は?国語の効果的な対策とは?

センター試験の国語は、現代文、古文、漢文から問題が構成されています。毎年、問題の構成が大きく変化することはあまりなく、他の科目と比べても点数を取得しやすい科目と言えます。

センター試験を活用した2次試験では、文系の学部の場合、国語の点数を必須と設定するところも多いので、センター試験の国語で点数を取得しておけば、受験を優位に進められます。

では、センター試験の国語の勉強は、どのようにして行ったらいいのでしょう。また、センター試験の国語の効果的な勉強方法とはどのようなものなのでしょうか。
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット

様々なセンター試験の国語の勉強方法

センター試験の国語の勉強方法は様々あります。古文であれば、単語や助詞の活用方法などを覚える必要があります。単語帳や教材を活用して学習を進める生徒が多いはずです。センター試験の勉強方法は大きく3つのステップを踏んで進めると効果的です。適切な学習手順と、勉強方法を実践すれば、更なるレベルアップも期待できます。

まず第一に、参考書で基本知識を身に付ける必要があります。国語の科目の中でも、古文漢文では、特に覚えるべき知識が多いため、高校1年生からコツコツと学習を進めていくようにしましょう。

第二に、参考問題集を多く解くようにするといいでしょう。問題集は市販されている種類のもので十分です。ただし、市販の問題集を利用する際には時間配分を意識しながら解答しましょう。出題形式も、現代文、古文、漢文とセンター試験の形式に合わせた問題集が効果的です。さらに、高校1年生から2年生の間は、参考書と問題集を併用しながら学習を進めるのも効果的です。基礎知識をしっかり固める必要がります。

第三は、過去問を解いていきましょう。センター試験まで差し迫ってくる時期は、特に過去問を多く解くことが重要です。実際の試験時間に合わせて、解答していきましょう。

「何となく」解くのではなく基礎を身に付ける

    センター試験の国語は、他の科目と異なり、深く意味を理解せずとも、何となく回答できてしまう教科です。英語や数学は、公式や単語を理解していないと、問題を解答できません。しかし、国語は日本語を読み、推測で解答ができてしまいます。そのため、「何となく」学習する習慣がつき、明確な勉強方法を確立できない生徒も多いのです。「何となく」問題を解くのではなく、理論的に問題の本質を理解する能力を身に付けられれば、8割、9割の点数取得も夢ではありません。

大学受験の国語勉強法は?現代文・古文・漢文の基礎国語の勉強方法

センター試験の国語の効果的な対策

センター試験で国語を好成績で突破するためには、まず問題を素早く解くテクニックを身に付ける必要があります。テキストを解答する勉強方法を用いる場合、時間を強く意識しましょう。

センター試験の国語科目は、基礎を理解していなくても、「何となく解ける」「もう少しで解けそう」と、あやふやな思考時間を作ってしまいます。もう少しで解けると考えて、一つの問題に集中してしまうと、時間が足りなくなってしまいます。素早く解答するためにトレーニングを行うのも立派な勉強方法の一つです。

素早く問題を解くために、次のようなテクニックを取り入れるといいでしょう。

センター試験の国語の解答テクニック

    ・現代文は全体を俯瞰して見れるようにする
    ・消去法を最大限活用する
    ・漫画などで古文漢文のストーリーを多く覚える
    ・時間配分に注する

センター試験の国語の勉強方法で、最も効果的なのが過去問を多く解くことです。センター試験の過去問から、再び出題された事例も多く、問題の構成や出題パターンを把握できます。

センター試験における国語科目は、他の教科より点数を取得しやすい反面、点数を伸ばすのが難しいと言われています。「何となく」問題を解けることが大きな理由です。そのため、基礎をしっかり学ぶ必要があります。

試験を受ける際の時間配分、そして理論的な基礎学力の向上を目指しましょう。
医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット

このページの先頭へ